2018年09月29日

中国人民解放軍 78式軍服・陸軍軍官用 (実物放出品)







中国人民解放軍の「78式軍服」です。

今回紹介する物は、陸軍・軍官用、実物未使用品になります。






「78式軍服」は、「65式軍服」の布地を綿から化繊へと変更したモデルで、1979年から支給が開始され、1983年に更新完了しました。

外見上の相違は殆ど無い為、中国本土でも、区別無くひとくくりに「65式軍服」とされている事が多いです。






この服は軍官(指揮官)クラス用の物で、士兵 (一般兵)クラス用と若干の相違があります。

異なる点はジャケットのポケットの数で、士兵用は2つですが、軍官用は4つあります。






襟は折襟式で、針金製の襟ホックが取り付けてあります。

また、襟には平行四辺形の襟章を縫い付けてあります。






「78式紅領章」です。

素材はスエード調の布で硬い芯を包んであります。






裏面にはガーゼっぽい質感の綿布が接着してあります。






領章の主な目的は装飾用ですが、裏面には「部隊番号・姓名・血液型」の記載欄があり、認識票の役割もあります。







胸ポケットはボタンが表から見えないように作られています。







腰ポケットはボタンのない雨蓋付きで、見た目の印象は旧日本軍の「九八式軍衣」を彷彿とさせます。






袖口はシンプルな筒袖です。






前あわせのボタンは5個、装飾性を一切廃した、樹脂製ボタンが使われています。






軍服の内側の様子です。






腰ポケットの袋の下部は、服側に板布で留めてあります。

軍服をデザインした人の、細やかな工夫を感じさせる作りです。






胸ポケット裏側にはタグスタンプが押印してあります。

緑地に赤色で判読しづらいですが、「1983年製」と確認出来ます。






ズボンは軍官・士兵ともに同型で、シンプルなチノ・パンツスタイルです。






腰周りには、ベルトループが設けてあります。






他国の戦闘服に見られるようなズボンの裾をまとめる機能はありません。

当時の資料画像でも、裾を絞ったりせず、そのままズック靴を履いて活動している場合が殆どです。

ただ、1979年の「中越戦争」では、ゲートルを巻いている兵士が多く見られます。






ズボンの正面の様子です。






前あわせは樹脂製ボタン留めになっています。






ズボンには二箇所、物入れがあります。






前あわせ部分です。

ジッパーではなく、4個のボタン留め式です。






ズボンにも、ジャケットと同様のタグ・スタンプがありました。






ズボンの背面の様子です。






尻ポケットはなく、シンプルな見た目です。








同じカテゴリー(装備:中国軍)の記事画像
中国人民解放軍 87式迷彩作訓帽 (実物放出品)
1990年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 91式単兵装備・初期型 (81-1式自動歩槍)
中国人民解放軍 87式迷彩服 (実物放出品)
1980年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 偵察兵装備 (79式冲鋒槍)
1980年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 軍官装備 (54式手槍/56-1式自動歩槍)
中国人民解放軍 85式軍服・陸軍軍官用 (実物放出品)
同じカテゴリー(装備:中国軍)の記事
 中国人民解放軍 87式迷彩作訓帽 (実物放出品) (2018-12-15 10:00)
 1990年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 91式単兵装備・初期型 (81-1式自動歩槍) (2018-12-08 10:00)
 中国人民解放軍 87式迷彩服 (実物放出品) (2018-12-01 10:00)
 1980年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 偵察兵装備 (79式冲鋒槍) (2018-11-24 10:00)
 1980年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 軍官装備 (54式手槍/56-1式自動歩槍) (2018-11-17 10:00)
 中国人民解放軍 85式軍服・陸軍軍官用 (実物放出品) (2018-11-10 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。