2018年08月18日

中国人民解放軍 65式解放帽 (実物放出品)


中国人民解放軍の「65式解放帽」です。

解放帽は古くは中国共産党軍の八角帽を原点として、デザインを洗練された物です。






人民解放軍では「58式解放帽」として採用されました。

「65式」は、階級制度廃止に伴う装飾性の排除、色の変更が加えられました。






このアイテムは実物デッドストック品で、帽子の内張りに朱色のタグ・スタンプでサイズと製造年が記されています。

サイズ表記は「3号」、製造年は「1968年」です。







帽子の汗止め縁取りには防水ビニール質の素材が使われています。

吸水性は無いため、帽子は痛みにくいかわりに発汗時の被り心地は、お世辞にもよろしくありません。







この個体は、65式解放帽の中でも初期型に分類される物で、58式以来の外観上の特徴として、つばの芯が柔らかく、ジグザク縫いで補強されています。








65式解放帽の「帽徽 (帽章)」です。

58式までの八一の意匠の取り入れられた丸型帽章から一転、朱色の五角星帽徽となりました。

アルミ製の帽章を針金を刺し曲げて取り付ける、至ってシンプルな作りです。









65式解放帽・初期型の全景です。

実測サイズは56~57cm位で、私にはきつめのサイズなので、もっぱら収蔵品となっています。






こちらは65式解放帽・後期型です。

このアイテムも実物デッドストック品です。






65式解放帽の素材は軍服と同様、軍緑色の綿製です。

後に採用された「78式解放帽」では、デザインはそのまま素材が化繊に変更されました。






タグ・スタンプによると、サイズは「2号」、「1971年製」と表記されています。







汗止めバンド部分は、初期型同様のビニール質素材です。

表面はシボ加工されており、さわり心地はざらざらしています。









65式解放帽・後期型の全景です。

65式解放帽と65式軍服の組み合わせは、俗に“人民服”と呼ばれ、冷戦期の「中国そのもの」のイメージがあります。






65式解放帽・2種を並べてみました。

構造は殆ど同じで、つばの縫製処理が唯一の相違点です。








同じカテゴリー(装備:中国軍)の記事画像
1960~1970年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 軍官装備 (54式手槍)
中国人民解放軍 78式解放帽 (実物放出品)
中国人民解放軍 78式軍服・陸軍軍官用 (実物放出品)
1960~1970年代的空軍傘兵 ~ 中国人民解放軍 空軍 空降兵装備 (56-1式自動歩槍)
中国人民解放軍 78式軍服・空軍士兵用 (実物放出品)
1960~1970年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 士兵装備 (63式自動歩槍)
同じカテゴリー(装備:中国軍)の記事
 1960~1970年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 軍官装備 (54式手槍) (2018-10-13 10:00)
 中国人民解放軍 78式解放帽 (実物放出品) (2018-10-06 10:00)
 中国人民解放軍 78式軍服・陸軍軍官用 (実物放出品) (2018-09-29 10:00)
 1960~1970年代的空軍傘兵 ~ 中国人民解放軍 空軍 空降兵装備 (56-1式自動歩槍) (2018-09-22 10:00)
 中国人民解放軍 78式軍服・空軍士兵用 (実物放出品) (2018-09-15 10:00)
 1960~1970年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 士兵装備 (63式自動歩槍) (2018-09-08 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。