2018年08月11日

63式 “的” なもの ~ 中国人民解放軍 63式自動歩槍スタイル・チープトイガン (NB・エアコッキング)






中国製トイガンにも高額商品から廉価品まで様々な種類がありますが、今回紹介するのは玩具感マシマシな廉価版チープ・トイガンです。






一応、実銃の「63式自動歩槍 (自動小銃)」をモデルにトイガン化したもののようですが、細部はことごとく微妙に違うので、あくまで“ナンチャッテ63式”といった所でしょうか。








本来は、カートリッジ式エアコッキングガンなのですが、銃本体のみ・カート無しの中古品を入手したため、実射は出来ません。






「63式自動小銃」は、当時採用されていた「56式半自動小銃 (SKS)」と「56式短機関銃 (AK47)」の双方の能力を併せ持つ新型主力小銃として開発されました。







弾薬はAKと同じ7.62㎜x39弾を用い、セミ・フルオート切り替え式です。











開発当時の解放軍の“白兵戦重視”の運用思想にあわせ、折りたたみ式スパイク・バヨネットを備え、充分な全長を持たせてあります。
(バヨネット展開時・全長1342㎜)










1963年制式後、生産初期型は対外援助物資としてベトナムやユーゴスラビアへと供与され、高品質・高性能で好評だったとの事。







しかし、1966年以降は“文化大革命”の影響で生産数が停滞、更に品質の低下が著しく、支給された解放軍部隊では暴発事故を起こし問題となるほど深刻なものだったようです。








結果、1972年に全軍から引き上げられ、さらに1978年に生産中止となりました。






解放軍における「63式」の採用期間はわずか9年間に過ぎませんでしたが、正しい品質管理の下で生産された個体は優秀な自動火器であり、現在でも民兵組織や大学の軍事教練で運用されていのを見かけます。








また、海外友好国への輸出も行われており、アルバニア軍では「56式自動小銃 (AK47)」と共に制式採用されています。







トイガンのほうは、カートリッジにBB弾を詰め、コッキングのたびに排莢されるエアコッキング式です。










ただ、中古品で入手したときからカートリッジが付属しておらず、射撃はできません。

マガジンの規格に合った他社のカートがあれば試射も出来そうですが、どのみちたいした性能ではないのは間違いないので、装飾品として愛でております。








同じカテゴリー(トイガン:エアコッキング)の記事画像
ワルサーP38 (トイスター・エアコッキング)
zf41モドキ ~ モーゼルKar98k用スコープ (タナカ製)
実射性能は抜群 ~ モーゼルkar98k (タナカ・エアコッキング)
ベレッタM92F (東京マルイ・エアコッキング)
M16A2 (トイスター・エアコッキング)
AK-47 (黄河・エアコッキング)
同じカテゴリー(トイガン:エアコッキング)の記事
 ワルサーP38 (トイスター・エアコッキング) (2017-04-29 10:00)
 zf41モドキ ~ モーゼルKar98k用スコープ (タナカ製) (2017-04-08 10:00)
 実射性能は抜群 ~ モーゼルkar98k (タナカ・エアコッキング) (2017-03-11 10:00)
 ベレッタM92F (東京マルイ・エアコッキング) (2016-11-05 10:00)
 M16A2 (トイスター・エアコッキング) (2016-10-29 10:00)
 AK-47 (黄河・エアコッキング) (2016-08-06 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。