2018年06月16日

GATE ~自衛隊彼の地にて、斯く戦えり~ 陸上自衛隊 特地派遣部隊スタイル







☆GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり・特地行動報告書 (アニメ解説本)


2015年~2016年に、分割2クール放映されたアニメ「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」

ミリタリー描写にこだわりを感じる名作異世界ファンタジーアニメで、私は放送1話目からいきなりドハマりしました。







☆GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり (漫画版)


友人から漫画版の存在を聞くや、最新刊まで購入、一気に読破!







☆GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり (小説)


そして物語の続きが知りたくて、原作小説を外伝含め全巻購入・読破するまであっという間でした。







☆陸上自衛隊 特地派遣方面隊 個人装備


アニメ放映中にムック本が発売されたので迷わず購入しましたが、掲載されているアニメ版の伊丹二尉の設定イラストを見て、あまりの格好良さに“GATE自衛隊”装備を揃えてみました。







☆アニメ版・設定画


原作では個人装備の描写はほんのわずかで、漫画版とアニメ版ではいろいろ異なりますが、アニメ版設定資料を基本にしつつ、我流アレンジでやってみます。






☆陸上自衛隊・迷彩服3型


装備を組むに当たってのコンセプトは、「新規調達は必要最小限に抑える。」

既に所有している装備品を活用し、新規購入はどうしても必要な物のみで揃えてみました。







☆イタリカ救援作戦記念ワッペン


既に当ブログでも紹介したワッペンです。

何が無くともGATE自衛隊を象徴する一番のアイコンです。

ある意味、このアイテムを入手出来た事で装備をそろえる事に決めた、と言っても過言ではありません!






☆ペン差しベルクロへの貼付状況


ペン差しのベルクロに貼り付けて、「聖下と共にあらんことを」との祈りと共に戦場(フィールド)へと赴きます。






☆防弾チョッキ2型


アニメ設定では、特地派遣方面隊では防弾チョッキ2型を使用、装備品はチョッキのパルステープに直接取り付けている為、独自アレンジを加えつつ再現してみました。






☆けん銃弾のう


特地派遣自衛隊員は各自、小銃に加えてけん銃も所持している為、9㎜ハンドガン対応のマガジンポーチを装着しました。

官品仕様だとガスガンのマガジンが入らないので、サバゲー向けにアレンジしております。







☆64式小銃用弾のう


64式小銃の調達にあわせて、新たに弾のうを購入しました。

旧型装備のODビニロン製は手元にあるのですが、2型迷彩は初購入です。

幸い、現在でもPX品が製造されており入手は容易でした。






☆携帯ショベル&水筒


背面には携帯ショベルと水筒を装着しました。

アニメ版設定では、更に無線機も装備していますが、調達の目処が立たないのと金額がかさむ為、装備しておりません。

どうせサバゲーでは飾りにしかならないし… (と言い訳しておくw)






☆64式7.62㎜小銃


既にブログにて紹介した、S&T製・電動ガンの64式小銃です。

内部メカボ調整済みで、外装もリペイントにより実に良い風合いに仕上がっています。







☆戦人製クイックリリース式3点スリング


特地派遣自衛隊は旧式の64式小銃を装備しつつも、その運用は現用装備らしいタクティカルな物となっており、新たに3点スリングを調達。

購入したのは自衛隊装備ではお馴染みのブランド「戦人」の、{クイックリリース式3点スリング」です。








☆3点スリング・取り付け状況


スリングベルトは両端がそれぞれナスカンフックとパラコードで出来ており、64式小銃にも問題なく装着出来ました。






☆HATCHタイプ・ニーパッド


特地派遣自衛隊員は漫画版・アニメ版ともにニーパッドを標準装備している為、アニメ版設定を参考にHATCHタイプのレプリカ品を購入しました。

使い慣れないせいか、膝撃ち姿勢ではパッドのストラップが膝裏に食い込んで痛いのが気になりました。

ただ、膝の保護能力は中々の物で、砂利道や地面の舗装された場所でのゲームには必要不可欠だと感じました。






☆弾帯・基本装備一式


なんだかんだで結構な出費にはなりましたが、基本装備は既に所有済みだったので、順調に装備一式を揃える事が出来ました。

本来ならば、テッパチにはナイトビジョン用アタッチメント、顎紐も現用最新型が妥当なのでしょうが、そこは予算と好み優先であえてスルー。






☆ブラックホークタイプ・レッグホルスター&64式銃剣


レッグホルスターも自衛隊ならサファリランドがベターなのですが、手持ちの装備を活用しようということで、こうなりました。

今後追加するとすれば、「特地派遣・3偵」の刺繍名札も欲しいところです。






☆特地派遣方面隊装備・正面







☆特地派遣方面隊装備・背面


装備一式を着装してみました。

主に防弾チョッキがかさばるので、体感ではかなりの重装備感があります。






☆64式小銃・立射姿勢


私の所有している64式小銃は初期ロットの為、ストックがまっすぐで頬付けが困難です。

画像では見た目重視で無理していますが、実用時には“首をかしげる”ようなスタイルになります。(一応、狙うことはできます)






☆想定9㎜けん銃・立射姿勢


小銃を正面に保持した状態で、ハンドガンにスイッチングしての立射です。

ハンドガンは「“想定”9㎜けん銃」という言い訳で、東京マルイ製ガスガンの「SIG P226」を使用。

コイル式のピストル・ランヤードを装着し、脱落防止としております。






☆64式小銃・膝射姿勢


サバゲーで多様する膝射姿勢です。

64式小銃の照準器はなかなかに出来が良く、精度の高い射撃が可能です。






☆64式小銃・着剣射撃


GATEでは、しばしば着剣シーンが描写されています。

64式銃剣は同時期の各国銃剣と比べても特に長めに出来ており、着剣時の迫力は格別です。






☆64式小銃・着剣腰溜め射撃


アニメ作中、栗林二曹が銃剣による刺突直後に発砲するシーンがイタリカ救援作戦で見られます。

私が特に好きな「栗林無双」シーンです。







☆銃剣格闘姿勢


使用している銃剣は、WINDLASS製のモデル刀剣で、刃は真鍮製です。

造形や塗装は決してほめられた物ではありませんが、金属製なので頑丈なのと、重量のおかげで自然な吊り下がり具合が再現出来るので、他にかえられないアイテムです。






☆3点スリング・ロック状態


特地派遣方面隊では、部隊統制により官品とは異なるスリングが使用されています。






☆3点スリング・ロック解除


原作では特に描写はありませんでしたが、漫画版では3点スリング他様々、アニメ版では作画の都合も考慮してか、バンジースリングが使われていました。






☆3点スリング・使用状況


私は漫画版にならい、3点スリングを使用しました。

戦人製のこのスリングは、クイックリリース機能をバックルではなく、ちょっと特殊な作りでより使いやすくした改良版です。






☆ロック解除手順。







☆ロック部分のスリング端(タブ状になっている)を引っ張る。







☆引き切るとロックが外れる。







☆スリングが伸びる。







☆スリングが伸びた、射撃時の状態。







☆ロックする手順。スリングのDリングを持つ。







☆そのまま銃口側に押し進める。







☆先端まで押し進めたら、Dリングと一緒に先端のタブを持つ。







☆Dリングとタブを持ったまま、少し引くとロックされる。







☆スリングがロックされ、保持状態となる。


文章で説明するとなかなか伝わりにくいですが(説明書も判りにくかった)、一旦コツを掴めば、従来のリリースバックル式よりも円滑に操作出来る便利なアイテムです。








同じカテゴリー(装備:自衛隊)の記事画像
GATE ~自衛隊彼の地にて、斯く戦えり~ 陸上自衛隊 特地派遣部隊・軽装スタイル
HATCH XTAKKタイプ・ニーパッド&エルボーパッド (ノーブランド・レプリカ)
陸上自衛隊 2型迷彩・ピストル用ダブルマガジンポーチ (エスアンドグラフ製)
最新型はスマホ対応 ~ 陸上自衛隊・2型迷彩グローブ (ヒメジグローブ製)
BHI CQC SERPAホルスターセット・SIG P226用 (ノーブランド・レプリカ)
89式小銃負い紐・官品仕様 (複製品)
同じカテゴリー(装備:自衛隊)の記事
 GATE ~自衛隊彼の地にて、斯く戦えり~ 陸上自衛隊 特地派遣部隊・軽装スタイル (2018-07-21 10:00)
 HATCH XTAKKタイプ・ニーパッド&エルボーパッド (ノーブランド・レプリカ) (2018-07-14 10:00)
 陸上自衛隊 2型迷彩・ピストル用ダブルマガジンポーチ (エスアンドグラフ製) (2018-07-07 10:00)
 最新型はスマホ対応 ~ 陸上自衛隊・2型迷彩グローブ (ヒメジグローブ製) (2018-06-30 10:00)
 BHI CQC SERPAホルスターセット・SIG P226用 (ノーブランド・レプリカ) (2018-06-23 10:00)
 89式小銃負い紐・官品仕様 (複製品) (2016-07-30 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。