2017年10月14日

アメリカ陸軍 M1943 HBT作業服・後期型 (複製品)







アメリカ陸軍のM43HBT作業服です。
本品は海外製の精巧複製品です。






M43の名称が示すとおり、1943年ごろから普及しだした作業服で、それ以前のM42型に比べてデザインの省略、機能面の改良がなされています。






この複製品はそんなM43HBT作業服の中でも後期型に当たる型式を再現した物になります。
ボタンは独特のスターボタンがつかわれており、陸軍衣料の特徴ともなっています。






内側にボタンが来る、ちょっと独特なボタン留め方式です。






トラウザーズには大き目のカーゴポケットが付いています。
その他はシンプルなストレートズボン形式です。






前あわせはジッパーではなく、ボタン留め式です。







ズボンの腰まわりは、ベルトループがるほかは、カーゴポケットのみが目立つ、シンプルなデザインです。






ズボンの裾は単純な断ち切りで、ボタンや紐でしぼる機能はありません。






ズボンのカーゴポケットの位置は高めで、その代わりその他の物入れはありません。
この辺りのデザインは、陸上自衛隊のOD作業服のデザインに影響を与えてそうです。







初期型ではアコーディオン式のポケットで容量の確保を考慮していましたが、後期型では更にポケット中央にプリーツが追加され、更なる容量増加が図られているのが特徴です。







背中側には肩部分にプリーツが設けられ、全体にゆったりした着心地になるよう改良されています。
ただ、結果として格好良い着こなしは難しく、全体にだらしない印象になってしまいました。






襟周りの様子です。
HBT生地は茶色味がかかったODで、初期型に良く見られる明るい緑色とはだいぶ印象が異なります。






襟は第1ボタンまで閉じる事が出来ます。
サイズ表記タグはMとなっていますが、USサイズと言う事もあり、私には若干大き過ぎたようです。






M43HBT作業服の着装状態・正面です。
ジャケットのつくりがゆったりしているのがわかると思います。






M43HBT作業服の着装状態・背面です。
肩のプリーツから末広がりにサイズが大きく、動きやすい一方、スマートな着こなしは無理そうです。






太平洋戦線のアメリカ陸軍兵士の装備例です。
トンプソンSMGをもって火力の増強を図っています。






太平洋の島嶼の戦いでは海兵隊が真っ先に思い浮かびますが、展開した部隊の規模から言えば主力は陸軍でした。
特にフィリピンの戦いではアメリカ陸軍の活躍が目立っています。






HBT作業服は、迷彩効果の点でも、既存のカーキ色のチノシャツよりも実戦向きで、戦場では重宝されたようです。






陸軍では部隊編成上、サブマシンガンの装備はなされていなかったようですが、様々な理由で臨機応変に活用されています。






陸軍では海兵隊と違い、ハーネスでたすき掛けするマガジンバッグが多用されました。
マガジンバッグにはトンプソンSMGの30連マガジンが5本収納できます。






いっぽう、こちらはヨーロッパ戦線のアメリカ陸軍兵士の装備例です。
上着はODウールシャツ、ズボンはM43HBTをそのまま、もしくはマスタードカラーのウールズボンの上から二重履きし、M1941フィールドジャケットを羽織っています。






ヨーロッパ戦線でも夏秋季など暑い時期には、HBTジャケットとフィールドジャケットを組み合わせたり、HBTジャケットのみでの着こなしも多かったようです。






武装はトンプソンM1A1で火力の増強を図っています。
手ごろなサイズと適度な重量、高い命中精度で重宝しています。






フィールドジャケットとレギンスの組み合わせがヨーロッパ戦線らしさを感じさせるコーディネイトです。






装着しているM1938レギンスは実物放出品です。
程度は中古でかなり使い込んだ逸品です。






広げてみても、退色・脱色や錆が目立ちます。
その分、安く手に入りました。






ただ、サイズ1Rはかなり小さく、のちにサイズ3Rに買いなおしました。
日本人の平均サイズだと3Rがベターらしいので。
ただ、自分的にはサイズ2Rあたりがジャストサイズのような気がします。






M1936ピストルベルトへの装備装着例です。
M1916ホルスターにはコルトM1911A1を収納しています。
この装備ベルトを腰に巻いた上で、たすきがけ式のトンプソン用マガジンバッグを装備します。






トンプソンM1AとネットつきのM1ヘルメットです。
東京マルイ製トンプソンの実射性能は優秀で、サバイバルゲームでは火力面でも現用装備に引けはとりません。









同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事画像
別名Tボーンショベル ~ アメリカ陸軍 M1910エントレンチングツール (複製品)
アメリカ陸軍 M1928ミートカン・ポーチ (複製品)
アメリカ陸軍 M1928ハバーサック (複製品)
ヨーロッパ戦線に於ける米軍装備 ~ アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット&M1936装備 (第二次世界大戦時)
アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット (セスラー・複製品)
欧州戦線の基本装備 ~ アメリカ陸軍 ODフランネルシャツ&サージウールトラウザーズ (セスラー製・複製品)
同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事
 別名Tボーンショベル ~ アメリカ陸軍 M1910エントレンチングツール (複製品) (2017-12-09 10:00)
 アメリカ陸軍 M1928ミートカン・ポーチ (複製品) (2017-12-02 10:00)
 アメリカ陸軍 M1928ハバーサック (複製品) (2017-11-25 10:00)
 ヨーロッパ戦線に於ける米軍装備 ~ アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット&M1936装備 (第二次世界大戦時) (2017-11-18 10:00)
 アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット (セスラー・複製品) (2017-11-11 10:00)
 欧州戦線の基本装備 ~ アメリカ陸軍 ODフランネルシャツ&サージウールトラウザーズ (セスラー製・複製品) (2017-11-04 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。