2017年11月11日

アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット (セスラー・複製品)







第二次世界大戦時、ヨーロッパ戦線で使用された「M1941フィールドジャケット」です。
アメリカ陸軍の主要装備である他、アメリカ海兵隊でも気温の低い時には着用されていました。(硫黄島、沖縄etc.)






画像の物はセスラー社製レプリカ品です。
正式名称は単に「ODフィールドジャケット」ですが、他の装備品との識別の為、便宜上「M1941フィールドジャケット」と通称されています。






フィールドジャケットは冬季向け防寒装備でもあり、裏側には薄手のウール地が貼られています。






近くで見るとスエード状の素材感がわかるかと思います。






前合わせはジッパーとボタン留めの二重構造で保温効果を高めてあります。






袖口はタブとボタンで留める構造です。






目一杯サイズを詰めた状態です。
保温効果は高まりますが、窮屈な為か袖口は広げたままで着用されている場合が殆どです。






襟は通常は開襟状態で着用しますが、寒い時には第1ボタンまで閉じて折襟状態に出来ます。






更に襟を立てる事で防寒能力を向上できます。






襟の裏にはボタンとタブが付いており、より遮風効果を高める事が出来ます。






肩にはエポーレットが設けられています。






ウエストにはサイズ調節タブがあります。






画像は中間でボタン留めした状態です。






サイズ調節は3段階あり、目一杯絞るとここまで詰める事が出来ます。







基本的な着用状況です。
実戦では素材のコットンが薄手で擦り切れやすかったり、内側のウールが縮む為動きやすさが阻害されたりと、決して使いやすい物ではなかったようですが、新型のM1943フィールドジャケットが全軍に行き渡らなかった為、大戦全期間を通して米兵の基本ユニフォームであり続けました。







第1ボタンまで閉じて防寒効果を高めた状態です。
冬季にはウール製コートを着用する為、あまり防寒性能は重要視されていない印象です。







立ち襟状態にした防寒対策状態です。
この状態でも冬季には寒さを感じます。
元々が民間のウインドブレーカーを参考に作られた事もあってか、デザイン上の利便性に不満が出た他、布地の色味が迷彩効果が低いとの戦訓から、新型のM1943フィールドジャケットの開発を促す結果となりました。







インナーはODウールシャツ&マスタードパンツです。
ODとは言いつつ、実際はほぼカーキ色もしくは茶色で、戦後のグリーン系ODカラーとはだいぶ印象が異なります。
第二次世界大戦当時のアメリカ兵は、カーキ色のイメージが強いですね。








同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事画像
アメリカ陸軍 M17A2ガスマスクバッグ (実物放出品)
アメリカ軍 ポンチョ&ポンチョライナー (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1951 エントレンチングツール (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1956 コンパス/ファーストエイドポーチ (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1961 フィールドパック (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1956 フィールドパック (実物放出品)
同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事
 アメリカ陸軍 M17A2ガスマスクバッグ (実物放出品) (2018-05-26 10:00)
 アメリカ軍 ポンチョ&ポンチョライナー (実物放出品) (2018-05-19 10:00)
 アメリカ陸軍 M1951 エントレンチングツール (実物放出品) (2018-05-12 10:00)
 アメリカ陸軍 M1956 コンパス/ファーストエイドポーチ (実物放出品) (2018-05-05 10:00)
 アメリカ陸軍 M1961 フィールドパック (実物放出品) (2018-04-28 10:00)
 アメリカ陸軍 M1956 フィールドパック (実物放出品) (2018-04-21 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。