2017年11月25日

アメリカ陸軍 M1928ハバーサック (複製品)







アメリカ陸軍が第二次世界大戦を通して使用した背嚢「M1928ハバーサック」です。
本品はアメリカ製の精巧複製品です。






ハバーサックの採用は古く、第一次世界大戦当時にはM1910/18ハバーサックが使われていました。
その後、戦訓を取り入れストラップの連結方法や金具の形状を変更した改良型のM1928ハバーサックが制式化されました。






ハバーサック本体はぺらぺらの布地にストラップが縫い付けられたようなつくりです。






【ハバーサック組み立て手順・その1】

ハバーサックが各国軍の背嚢と決定的に違う点は、収納物を「詰める」のではなく「包む」という構造にあります。






【ハバーサック組み立て手順・その2】

まず内容物を並べます。
本来は上部にタオルで包んだ洗面用具一式、その下にCレーション(缶詰)を並べ、包むのですが、私は薄手のブランケットを折りたたんだ物を詰め物として代用しています。






【ハバーサック組み立て手順・その3】

次に内容物を包み込むように固定していきます。
まず、下側の布で包みます。






【ハバーサック組み立て手順・その4】

次に右側の布で覆いつつ、3箇所のストラップを中央のループに通します。






【ハバーサック組み立て手順・その5】

そして左側の布で覆い、ストラップを金具で連結固定します。






【ハバーサック組み立て手順・その6】

最後に上側の布で覆い、下部のストラップ1本を金具で連結固定します。
これでハバーサック本体は完成状態となります。






ハバーサック上面にはダブルフックワイヤー用鳩目があります。
ここにはTボーン・ショベルが吊り下げられます。
また、サイドのストラップにはミートカン・ポーチを連結します。






ハバーサック裏側です。
両肩のストラップから二股に分かれたストラップの金具と、下部に縫い付けられた2箇所のストラップの金具、この4点をベルトに連結して装備します。
丁度、ハバーサックがサスペンダーの役割を兼用するように作られています。






【ハバーサック組み立て手順・その7】

ハバーサックの上部には「M1928ミートカン・ポーチ」が連結されます。






【ハバーサック組み立て手順・その8】

ミートカン・ポーチは画像の要領でハバーサックの2箇所のストラップを金具に通して固定します。






こちらがミートカン・ポーチです。






ミートカン・ポーチの中にはメスキット(携帯食器)を収納します。






ミートカン・ポーチの内部には、フォーク・ナイフ・スプーンを収納するポケットがあり、このポーチで食器類をひとまとめにして携行出来るように作られています。






【ハバーサック組み立て手順・その9】

次にハバーサック側面の銃剣吊り用鳩目に、銃剣を連結します。
画像の銃剣はM1905E1バヨネットです。






【ハバーサック組み立て手順・その10】

今回は第二次世界大戦中期以降、ヨーロッパ戦線ではノルマンディー上陸作戦時に普及していたブレードの短い銃剣を吊っていますが、本来はブレード長の長いM1905バヨネットを取り付けるために設計されている為、鞘を通すループから銃剣が外れやすく、ピストルベルト側に吊り下げる場合も多かったようです。






【ハバーサック組み立て手順・その11】

ハバーサックとミートカン・ポーチの隙間にはM1910エントレンチングツール・ケースを連結します。






【ハバーサック組み立て手順・その12】

通称「Tボーン・ショベル」とも呼ばれるこのショベルは、折畳式ではありませんが、柄は短めに作られており、思ったほどかさばらず携行出来ます。






center>
あとはストラップをカートリッジベルトもしくはピストルベルトに4箇所連結すれば装備完了です。
以上のように、取扱いが大変わずらわしい上に容量が少ない為、兵士には不評でした。






ハバーサック着用状態・正面です。
多くの場合、歩兵にはサスペンダーが支給されなかったため、単にサスペンダーの代用として中身の入っていないペタンコの状態のまま背負われている様子も良く見られます。






ハバーサック着用状態・右側面です。
陸軍では後継として、既に海兵隊が採用していた「モデル1941パック・システム」を参考に開発した「M1944/45フィールドパック&カーゴパック」を開発しますが、その支給は遅れ、第二次世界大戦末期に少数が配備されたに過ぎません。(本格使用は朝鮮戦争から)






ハバーサック着用状態・背面です。
組むのは面倒ですが、着用時には案外フィット感は良好です。
なお、陸軍では太平洋戦線向けに「ジャングルパック」を開発していましたが、こちらも兵士達に不評であまり普及しなかったようです。






ハバーサック着用状態・左側面です。
銃剣を鞘から抜くには結構きつい体勢になってしまいます。(ほぼガンダム状態)
かように実用性に問題のあるハバーサックですが、第二次世界大戦当時の一般的な米陸軍歩兵の軍装再現には欠かせない逸品です。









同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事画像
別名Tボーンショベル ~ アメリカ陸軍 M1910エントレンチングツール (複製品)
アメリカ陸軍 M1928ミートカン・ポーチ (複製品)
ヨーロッパ戦線に於ける米軍装備 ~ アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット&M1936装備 (第二次世界大戦時)
アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット (セスラー・複製品)
欧州戦線の基本装備 ~ アメリカ陸軍 ODフランネルシャツ&サージウールトラウザーズ (セスラー製・複製品)
太平洋戦線に於ける米軍装備 ~ アメリカ陸軍 HBT作業服&M1936装備 (第二次世界大戦時)
同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事
 別名Tボーンショベル ~ アメリカ陸軍 M1910エントレンチングツール (複製品) (2017-12-09 10:00)
 アメリカ陸軍 M1928ミートカン・ポーチ (複製品) (2017-12-02 10:00)
 ヨーロッパ戦線に於ける米軍装備 ~ アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット&M1936装備 (第二次世界大戦時) (2017-11-18 10:00)
 アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット (セスラー・複製品) (2017-11-11 10:00)
 欧州戦線の基本装備 ~ アメリカ陸軍 ODフランネルシャツ&サージウールトラウザーズ (セスラー製・複製品) (2017-11-04 10:00)
 太平洋戦線に於ける米軍装備 ~ アメリカ陸軍 HBT作業服&M1936装備 (第二次世界大戦時) (2017-10-28 10:00)
この記事へのコメント
ハバーザックのアタッチメント(付属品)ブランケット・キャリアを御存知でしょうか?複製品は販売されていない様ですね?ハバーザックのサスペンダー代わりの使用例も確認出来ますが…一般歩兵でも M1936サスペンダーに連結するミゼットバックを背負い ブランケットやオーバーコートを紐で縛着するパターンも存在します。
Posted by リトルジュン at 2017年11月26日 02:05
>リトルジュンさん
ハバーザックは、このブログの状態が「好き」なので、必要な分だけ揃えました。
一通りの装備考証は把握していますが、取捨選択はしています。
あくまでサバイバルゲームでの使用が第一目的、個人の好み、自己満足ですので。
Posted by らんたろーらんたろー at 2017年11月26日 09:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。