2017年10月28日

太平洋戦線に於ける米軍装備 ~ アメリカ陸軍 HBT作業服&M1936装備 (第二次世界大戦時)






第二次世界大戦時、南太平洋戦線におけるアメリカ陸軍歩兵装備です。
リードグリーンのM1943HBTユーティリティジャケットに、カーキ色のM1936装備を組み合わせています。
ヘルメットは1942年に採用されたM1ヘルメットを被っていますが、太平洋戦線では擬装網の類はあまり使われなかったようです。





南方戦線の過酷な環境に対処する為、装備品は可能な限り軽装で済ませています。
一方、M1ガーランドは自動小銃と言うこともあり弾薬の消耗が激しい為、カートリッジベルトに加えてバンダリアをたすきがけにして予備弾薬の携行に努めています。





南太平洋戦線というと、上陸作戦の記録映像やアメリカ製戦争映画の影響でもっぱら海兵隊が戦っていたイメージですが、実際の戦力比では海兵隊が6個師団を投入したのに対し、陸軍は23個師団もの戦力を投入しており、南太平洋戦線においてもアメリカ陸軍が主力であった事が伺えます。





腰に吊っているのはM1905E1バヨネットで、M1905バヨネットのブレードを短く切断加工したものです。
第二次世界大戦も中盤頃には銃剣は順次、短い物に更新されていきましたが、太平洋戦線では日本軍との白兵戦に備えて、あえてブレードの長い旧型銃剣を使い続ける兵士もいたようです。





M1ガーランド用装備一式です。
南方戦線では基本的にハバーサックは背負わずに軽装備で戦う事が多かったようです。
装備品はカーキ色ですが、1943年を境に濃緑色の装備品が支給され始めます。
もっとも、呼称はどちらもOD(オリーブドラブ)みたいですけどね。





装備を裏から見たところです。
M1936装備はダブルフックワイヤーで鳩目に吊るす方式の為、馴れれば取り付け易い反面、装備品の取り付けられる位置が限られるので、着こなし具合の微調整がしづらいのが難点です。





トンプソンM1A1短機関銃を装備した陸軍兵士です。
アメリカ陸軍の歩兵部隊の編成上では、実は短機関銃の装備は無かったりしますが、様々な理由・手段で短機関銃は実際に戦場に投入され、活躍しています。





背面にはジャングルファーストエイドポーチを通常のファーストエイドポーチと共に装備しています。
このポーチは1943年頃から普及しはじめ、間もなく海兵隊でも後追いで採用された装備品です。
腰にはマガジンバッグをストラップでたすきがけしています。





アメリカ陸軍では、海兵隊と比べると地上戦闘の機会が多い為、ヨーロッパ戦線のようにレギンスをしっかり装着しています。





トンプソン・サブマシンガンは腰だめ射撃のポーズが様になります。
実際、電動ガンでも弾道を見ながら照準調整できるので、案外効果的な射撃方法だったりします。





トンプソン・サブマシンガン用装備一式です。
良く知られるトンプソン30連マガジン用の3連ポーチは海兵隊での使用例が大半で、陸軍での使用例は少ないようです。(海兵隊専用装備という説もあり)
陸軍ではストラップでたすき掛けする、マガジンバッグが多用されました。





護身用にコルトM1911A1を携行しているため、ピストルベルトにはホルスター、ハンドガンマガジンポーチも追加装備しており、かなりの重量になります。
陸軍ではハバーサックをサスペンダーとして運用していた為、一般に歩兵部隊ではサスペンダーは支給されておらず、ピストルベルトだけで重量物を携行するのは結構疲れます。





M3A1グリースガンを装備した陸軍兵士です。
戦闘は掃討戦に移行した頃で、ヘルメットも被らず、ユーティリティキャップのみで戦っています。





サスペンダー無しでピストルベルトを腰に締めると、装備品の重量でずり落ちてきてしまいます。





M3グリースガンには専用のマガジンポーチが支給されませんでしたが、トンプソン用マガジンバッグにはスペースに余裕があり、グリースガンのマガジンも収納できます。





M3A1グリースガンは発射速度が毎分450発程度と意図的に遅くしてあり、弾道を見ながら照準をコントロールすることもたやすく、使いやすかったと聞きます。
毎分450発の発射速度は、キツツキのあだ名で呼ばれた日本陸軍の九二式重機関銃とほぼ同等です。
ただしこれは実銃の話、トイガンでは毎分800発のサイクルで弾をばら撒きます。








同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事画像
別名Tボーンショベル ~ アメリカ陸軍 M1910エントレンチングツール (複製品)
アメリカ陸軍 M1928ミートカン・ポーチ (複製品)
アメリカ陸軍 M1928ハバーサック (複製品)
ヨーロッパ戦線に於ける米軍装備 ~ アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット&M1936装備 (第二次世界大戦時)
アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット (セスラー・複製品)
欧州戦線の基本装備 ~ アメリカ陸軍 ODフランネルシャツ&サージウールトラウザーズ (セスラー製・複製品)
同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事
 別名Tボーンショベル ~ アメリカ陸軍 M1910エントレンチングツール (複製品) (2017-12-09 10:00)
 アメリカ陸軍 M1928ミートカン・ポーチ (複製品) (2017-12-02 10:00)
 アメリカ陸軍 M1928ハバーサック (複製品) (2017-11-25 10:00)
 ヨーロッパ戦線に於ける米軍装備 ~ アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット&M1936装備 (第二次世界大戦時) (2017-11-18 10:00)
 アメリカ陸軍 M1941フィールドジャケット (セスラー・複製品) (2017-11-11 10:00)
 欧州戦線の基本装備 ~ アメリカ陸軍 ODフランネルシャツ&サージウールトラウザーズ (セスラー製・複製品) (2017-11-04 10:00)
この記事へのコメント
トンプソン用ではなく…多目的(アミュニッション・バック)です。それと…ジャングル・ファスト・エイドはループをベルトに通さず!フックでアイレットに留めた方が大戦当時の米兵っぽいです。
Posted by リトルジュン at 2017年10月29日 02:05
>リトルジュンさん
ごらん頂きありがとうございます。
いろいろとご教授いただき、勉強になります!
ベルトループ関連は、すべてメーカーの異なる複製品の組み合わせに付き、アイレットが通らなかったりすることもあり、なかなか苦労しております・・・汗
Posted by らんたろーらんたろー at 2017年10月29日 13:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。