2017年06月17日

アメリカ海兵隊 ストレートサスペンダー (実物放出品&複製品)







アメリカ海兵隊が第二次世界大戦当時に使用していたサスペンダーです。
本品はアメリカ製の精巧複製品です。






1本のサスペンダーで三箇所、合計6箇所を金具で固定して使用します。






身体前部に当たる方向の金具は弾帯の鳩目に引っ掛けるだけの単純な作りです。






一方、背中側の金具はスプリング式でしっかり固定できます。






そもそもは海兵隊用リュックサックを構成するハーネスの1部品ですが、2本を単体で使用する事でサスペンダーとして使えます。
特に太平洋戦線では重装備は敬遠されましたから、もっぱらサスペンダーのみでの使用例が多く見られます。






こちらは第二次世界大戦後に製造されたODカラーモデルです。
デザイン・構造とも変化無く、染色のみ濃緑色に変更されています。






このODタイプはベトナム戦争初期の使用例が多く確認できます。
戦後と言えばまず朝鮮戦争が思い浮かびますが、米海兵隊では朝鮮戦争時にもいまだカーキ色の装備品を多く使用しており、足回りも依然レギンスを履いていました。






画像には映っていませんが、ベトナム戦争では、細いサスペンダーが肩に食い込むのを防ぐ為、専用のパッドを取り付けた運用例も多く見られます。









同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事画像
アメリカ陸軍 M17A2ガスマスクバッグ (実物放出品)
アメリカ軍 ポンチョ&ポンチョライナー (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1951 エントレンチングツール (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1956 コンパス/ファーストエイドポーチ (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1961 フィールドパック (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1956 フィールドパック (実物放出品)
同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事
 アメリカ陸軍 M17A2ガスマスクバッグ (実物放出品) (2018-05-26 10:00)
 アメリカ軍 ポンチョ&ポンチョライナー (実物放出品) (2018-05-19 10:00)
 アメリカ陸軍 M1951 エントレンチングツール (実物放出品) (2018-05-12 10:00)
 アメリカ陸軍 M1956 コンパス/ファーストエイドポーチ (実物放出品) (2018-05-05 10:00)
 アメリカ陸軍 M1961 フィールドパック (実物放出品) (2018-04-28 10:00)
 アメリカ陸軍 M1956 フィールドパック (実物放出品) (2018-04-21 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。