2017年12月30日

ひと昔前の現用装備 ~ アメリカ陸軍 ウッドランド迷彩BDU&ALICE装備 (1980年代)







アメリカ陸軍が1980年代~2000年代に使用していた、ウッドランド迷彩BDUとALICE装備です。
私は元来過去に興味を持つ嗜好の人間でして、現用装備にはあまり関心が無く、米軍装備もノータッチだったのですが、米軍がウッドランドパターンからピクセルパターンへの更新をほぼ完了した今、完全に”過去”となったALICE装備に俄然興味が沸いてきた次第です。(我ながら、因果な嗜好だと思ふ(汗)






画像は1980年代初期のALICE装備の組み合わせ例です。
「ALICE」とはオール・パーパス・ライトウェイト・インディビジュアル・キャリング・イクウィップメント、すなわち「全目的軽量携帯個人装備」と言う意味で、ベトナム戦争中に開発されたM1967ナイロン装備の流れを汲む装備品です。






1980年代初頭と言う事で、銃剣はM16A1用のM7バヨネット、ファーストエイドキットポーチはLC1タイプ、ホルスターはコルトM1911用をチョイスしてみました。






実際に着装した状態です。
PASGTヘルメット、通称フリッツヘルメットとウッドランド迷彩BDUにM16A1アサルトライフルの組み合わせは1983年のグレナダ侵攻時に空挺師団で見られた装備例です。






この時期だと、まだPASGTボディアーマーはあまり普及しておらず、BDUに直接ALICE装備を装着した兵士が多く見られます。






こちらは1980年代中期頃の一般的な米陸軍兵士の装備例です。
PASGTボディアーマーを着込んだ上からALICE装備を装着しています。
M16A1は1980年代末まで使用例が見られます。






PASGTボディアーマーは日本ではM1ボディアーマーの名称でも良く知られています。
丁度、M2ヘルメットのようにコレクター間で呼ばれる便宜的な呼称ですが、実際にはそのような呼称がなされる理由がよくわからず、出所不明な名称です。






画像の装備例ではM17ガスマスクバッグを装備していませんが、通常は装備するのが一般的です。
夏季を想定して、BDUの袖はロールアップしています。






画像では黒革製のスピードレースコンバットブーツのレプリカを履いていますが、実際に採用されたのは1980年代後半からで、この時期だと本来なら一般的な鳩目に靴紐を通すタイプの黒革コンバットブーツが使われています。






こちらは1980年代後半のALICE装備の組み立て例です。
メインウェポンにM16A2アサルトライフル、サイドアームにM9ハンドガンを想定しています。






M16A2に合わせて銃剣はM9バヨネット、M9ハンドガンを収納するビアンキ製M12ホルスター、ファーストエイドキットポーチは容量の増したLC2タイプを装備しています。







ウッドランドBDUにALICE装備を着込んだ、軽装備の状態です。
基本的にボディアーマーは常に装備する物とされていますが、訓練時や熱帯地域等、状況に応じてこのような軽装備の場合もあります。







コンパスポーチは、コンパス収納時はサスペンダーに装着し、包帯を収納した際はピストルベルトに装着します。
M16A2にはコルト純正タイプスコープを装着しています。
このスコープは4倍率で、コンパクトでかさばりませんが視野が狭く暗い為、実用性はあまり高くないようです。







PASGTボディアーマーを着装した、1980年代後半の米陸軍兵士です。
このボディアーマーはイーグルフォース製のレプリカ品で、出来は正直よくありませんが、サバイバルゲーム・ユースには軽くて便利です。







ボディアーマーはかさばりますが、アーマーの上にピストルベルトが乗るような位置に装備を調整してある為、安定して動きやすい状態に出来ました。







M16A2アサルトライフルの立射姿勢です。
M16A2アサルトライフルは1982年12月に制式採用されましたが、実際の配備は、1984年3月に米海兵隊から開始され、1990年代初頭に完全更新されました。
M9ハンドガンはコルトM1911A1にかわって1985年に採用されました。







M16A2アサルトライフルの膝射姿勢です。
実物だとボディアーマーの肩パッドが干渉する所ですが、柔らかいウレタンパッドのレプリカ品だと、わりあい動きやすく銃を構えるのにも不自由しません。






マガジンチェンジの様子です。
ALICE装備のマガジンポーチはプラ製のリリースバックルのおかげで、マガジンの取り出しは楽にできます。
ただ、蓋を閉める際に慣れていないとバックルを所定の位置に差し込めずに閉めそこなうことがあるので注意が必要です。






M16A2アサルトライフルの伏射姿勢です。
こちらも、レプリカ品のボディアーマーならではの理由で構えやすいです。
実物だと襟首の防弾パッドがフリッツヘルメットの後頭部に干渉して、伏せの姿勢が取りづらいので。








同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事画像
アメリカ陸軍 M17A2ガスマスクバッグ (実物放出品)
アメリカ軍 ポンチョ&ポンチョライナー (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1951 エントレンチングツール (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1956 コンパス/ファーストエイドポーチ (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1961 フィールドパック (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1956 フィールドパック (実物放出品)
同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事
 アメリカ陸軍 M17A2ガスマスクバッグ (実物放出品) (2018-05-26 10:00)
 アメリカ軍 ポンチョ&ポンチョライナー (実物放出品) (2018-05-19 10:00)
 アメリカ陸軍 M1951 エントレンチングツール (実物放出品) (2018-05-12 10:00)
 アメリカ陸軍 M1956 コンパス/ファーストエイドポーチ (実物放出品) (2018-05-05 10:00)
 アメリカ陸軍 M1961 フィールドパック (実物放出品) (2018-04-28 10:00)
 アメリカ陸軍 M1956 フィールドパック (実物放出品) (2018-04-21 10:00)
この記事へのコメント
自分がサバゲー始めた頃は正しくウッドランドにアリス装備でした★
又、回りもほとんどウッドランドにアリス装備でした★

銃もマルイの電動M16A1とVNバージョンとのちにA2も主に使ってましたよ、それとサイドアームはWAのベレッタだったです

又、あの頃は10代だったから車も持ってなくギターケースにM16突っ込んで電車や親の車でフィールドまで通ってましたね★あの頃が懐かしいなあ

ある意味今のレールガチガチのM4にプレートキャリアに更には迷彩服すらきらないサバゲースタイルよりは自分はウッドランドにアリス装備の方が好きです★
Posted by ペガサス at 2017年12月31日 13:48
>ペガサスさん
90年代のサバイバルゲームでは、ゲーマーのほとんどがウッドランド迷彩とM16系の電動ガンで、フリッツヘルメットかブッシュハットが一般的でしたね。
(銃はMP5系も多かったイメージ)
ウッドランドBDUが「現用」だった時代の懐かしい思い出です。

追伸:今年は下半期に定例ゲームの中止が続き残念でしたが、来年は楽しいゲームを満喫したいですね。その節には是非、よろしくお願いいたします。
Posted by らんたろーらんたろー at 2017年12月31日 15:53
この装備が現用、最新の時代に
青春を過ごした我々には、とても懐かしく
憧れの装備でした。
時の流れを感じます・・・

今年一年お世話になりました
来年もよろしくお願いします。
Posted by BURN at 2017年12月31日 16:39
>BURNさん
当時はALICE装備全盛期でしたね。
レプリカでも実物でもサバゲー用品として大量に流通してましたし、馴れというのか、プレキャリやチェストリグよりも、いまだにベルト&サスペンダーのほうが体によくなじみますw

追伸:来年はより楽しいサバゲーライフがおくれますように。よろしくお願いいたします。
Posted by らんたろーらんたろー at 2017年12月31日 16:50
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。