2018年05月26日

アメリカ陸軍 M17A2ガスマスクバッグ (実物放出品)







アメリカ陸軍の「M17A2ガスマスクケース」です。
画像の物は実物中古放出品です。






アメリカ陸軍では、1960年代にM17ガスマスクが採用され、以後はA1、A2と改良されながら使用され続けました。
1990年の湾岸戦争で不具合が発見されて後は、M40ガスマスクへの更新が進められ、2009年からはM50ガスマスクが採用されています。






ガスマスクケース自体の形状はM17以来ほぼ変更は無く、表示されている名称で区別できます。
本品は「M17A2フィールド・バイオロジカル・ケミカルマスク」の表示が確認できます。






メイン・ストラップは基本は腰から太股にかけて下げるために使う物で、幅の広いナイロン製です。






こちらの幅の細いストラップは足に回して固定する為のものです。
アメリカンサイズのためか、私の場合、最短まで調節してもすこし緩いです。






ガスマスクケースの収納部です。
蓋は2箇所のスナップボタンで留める方式です。






内部はガスマスク本体を丁度収納できる容積になっています。






内部には付属品を収納する為のポケットがあります。






蓋のちょうど反対側には、サイドポケットと小さめのポーチがあり、ここにも規定の付属品を収納します。






サイドポケットはドットボタンで留められています。






サイドポケットを開けた状態です。
収納スペースはかなり狭いです。






小ポケットの蓋はドットボタン2個で閉じられています。







各ポケットに収納する物については、知識不足で分りません。
私は、着装する際は適当な詰め物を入れたり、フルフェイス型ゴーグルの収納に利用したりしています。







実際に着用した状態です。
これは基本となるレッグ・キャリーで、この上から装備ベルト&サスペンダーを装着します。







こちらはガスマスクのみ携行する際の装着位置、ショルダー・キャリーです。
教本には図示がありますが、実際の着用例はあまり見られません。








同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事画像
アメリカ軍 ポンチョ&ポンチョライナー (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1951 エントレンチングツール (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1956 コンパス/ファーストエイドポーチ (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1961 フィールドパック (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1956 フィールドパック (実物放出品)
アメリカ陸軍 M1956 ピストルベルト (実物放出品)
同じカテゴリー(装備:アメリカ軍)の記事
 アメリカ軍 ポンチョ&ポンチョライナー (実物放出品) (2018-05-19 10:00)
 アメリカ陸軍 M1951 エントレンチングツール (実物放出品) (2018-05-12 10:00)
 アメリカ陸軍 M1956 コンパス/ファーストエイドポーチ (実物放出品) (2018-05-05 10:00)
 アメリカ陸軍 M1961 フィールドパック (実物放出品) (2018-04-28 10:00)
 アメリカ陸軍 M1956 フィールドパック (実物放出品) (2018-04-21 10:00)
 アメリカ陸軍 M1956 ピストルベルト (実物放出品) (2018-04-14 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。