2018年03月10日

日本の伝統芸 ~ 日本陸軍 身体擬装網 (複製品)







日本陸軍の身体擬装網です。
本品は複数ある擬装網のバリエーションの内、濃緑色のタイプを再現した精巧複製品になります。






身体擬装網は草木を括りつけて迷彩効果を高める為に、鉄帽用擬装網と共に活用されました。
画像は四つ折にした状態です。






使わない時は丸めて背嚢に縛着したり、細長く纏めたものをたすきがけにして携行していました。






身体擬装網を装着し、草木で擬装を完了した状態の正面です。
正方形の擬装網は、背中に羽織ったあとに対角線上を結び、ちょうど風呂敷を包む要領で着装します。






身体擬装網を装着し、草木で擬装を完了した状態の背面です。
画像では軽装備ですが、擬装網は大きいため、背嚢を背負った上から羽織ったほうが具合が良いようです。






身体擬装網・立射姿です。
草むらに身を隠してしまえば、かなりの迷彩効果を発揮できそうです。






身体擬装網・膝射姿勢です。
擬装は戦地の植生に合わせる事が重要です。






背中側にも草木を括りつけています。
伏射姿勢ならなお効果が高いでしょう。






身体擬装網はアンブッシュには適していますが、一方で激しい動きをすると網が肩からずり落ちたり、付近の枝に引っかかったり、括りつけた草木が脱落してしまいます。
実際にサバイバルゲームで使用してみて痛感しました。






匍匐前進の姿勢です。
身体擬装網への草木の縛着は、自分ひとりでは到底出来ず、この画像撮影時にも、戦友に手伝ってもらいました。






匍匐前進中の姿を背後から。
自衛隊も含め、日本の軍隊には草木擬装と匍匐前進が良く似合いますね。






密林から身を乗り出し、手榴弾を投擲せんとする帝国陸軍兵士。
身体擬装網を使いこなすには、まだまだ鍛錬が必要なようです。








同じカテゴリー(装備:日本軍)の記事画像
日本陸軍 昭五式編上靴 (中田商店製・複製品)
日本陸軍 雑嚢 (中田商店製・複製品)
日本陸軍 九〇式鉄帽 (中田商店製・再生品)
日本陸軍 戦闘帽・後期型&帽垂 (中田商店製・複製品)
日本陸軍 防暑襦袢袴 (中田商店製・複製品)
日本陸軍 巻脚絆 (実物)
同じカテゴリー(装備:日本軍)の記事
 日本陸軍 昭五式編上靴 (中田商店製・複製品) (2018-03-03 10:00)
 日本陸軍 雑嚢 (中田商店製・複製品) (2017-08-26 10:00)
 日本陸軍 九〇式鉄帽 (中田商店製・再生品) (2017-08-19 10:00)
 日本陸軍 戦闘帽・後期型&帽垂 (中田商店製・複製品) (2017-08-12 10:00)
 日本陸軍 防暑襦袢袴 (中田商店製・複製品) (2017-08-05 10:00)
 日本陸軍 巻脚絆 (実物) (2017-07-29 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。