2017年07月08日

日本陸軍 三十年式弾薬盒 (中田商店製・複製品)







日本陸軍の三十年式弾薬盒です。
本品は中田商店製の複製品です。






三十年式弾薬盒は、三十年式小銃用に作られた物ですが、三八式歩兵銃でも引き続き同型の物が使われ続け、九九式小銃に更新された後も一部使用されています。
画像は前盒(ぜんごう)です。






前盒は身体正面に2個装備します。
側面から見ると、収納する弾薬のテーパーに合わせてクサビ状に出来ています。






前盒の蓋を開けたところです。
仕切りひとつ当たり、6.5㎜小銃弾の5連クリップが3個入ります。
よって、前盒1個につき30発の弾薬を携行します。






中田商店の複製品は製造時期によって、同じ商品でも出来不出来が激しい場合があります。
この弾薬盒はどちらかというと残念仕様で、素材の革が薄く、油脂が少ないようで、長く使っているうちに底の部分が変形してきています。






こちらは後盒(こうごう)です。
背中側に1個を装備します。






後盒は、前盒の弾薬の補充用の予備弾薬を携行するためのものです。






蓋を開けたところです。
仕切り1個当たり、5連クリップを3個まとめた紙箱を2個収納します。
よって、後盒1個で弾薬60発を携行します。






後盒の底には穴があけてあり、ここから弾薬紙箱を指で押し出します。






後盒の側面には小銃手入れ用油缶が収納してあります。






この後盒も中田商店製では残念仕様の時期の製造品のため、蓋部分が薄すぎてヘロヘロしています。






日本陸軍の下士官兵用帯革(装備ベルト)です。
帯革は、「たいかく」とも「かくたい」とも呼ばれます。






私は最初に帯革のみ単体で購入し、その後ずいぶん経ってから弾薬盒セットを購入しました。
画像の物は単体で購入した物で、素材の良かった頃の中田商店製なので、革に厚みがあり、牛脂も多く良い素材を使っています。






金具は真鍮製です。
実物と比べても、かなり忠実な造りです。
違うのはベルトの穴に挿し込む棒状の部分が、若干湾曲しすぎている位でしょうか。






三十年式銃剣と剣吊りです。
剣吊りは弾薬盒セットにも付属していますが、画像ではミリタリーショップ「兵舎」で販売されていた物を購入・使用しています。
中田商店製に比べて、2倍位、厚みがあります。






現在では、個人製作のヤフオク!出品や、海外製でもクオリティの高い複製品等、選択肢が増えてありがたい限りですが、私は当面、このアイテムを使ってがんばろうと思います。









同じカテゴリー(装備:日本軍)の記事画像
日本陸軍 雑嚢 (中田商店製・複製品)
日本陸軍 九〇式鉄帽 (中田商店製・再生品)
日本陸軍 戦闘帽・後期型&帽垂 (中田商店製・複製品)
日本陸軍 防暑襦袢袴 (中田商店製・複製品)
日本陸軍 巻脚絆 (実物)
日本陸軍 夏襦袢&冬襦袢 (中田商店製・複製品)
同じカテゴリー(装備:日本軍)の記事
 日本陸軍 雑嚢 (中田商店製・複製品) (2017-08-26 10:00)
 日本陸軍 九〇式鉄帽 (中田商店製・再生品) (2017-08-19 10:00)
 日本陸軍 戦闘帽・後期型&帽垂 (中田商店製・複製品) (2017-08-12 10:00)
 日本陸軍 防暑襦袢袴 (中田商店製・複製品) (2017-08-05 10:00)
 日本陸軍 巻脚絆 (実物) (2017-07-29 10:00)
 日本陸軍 夏襦袢&冬襦袢 (中田商店製・複製品) (2017-07-22 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。