2016年08月27日

軍装派に最適 ~ コルトM1911A1 (東京マルイ・ガスBLK)







東京マルイ製ガスブローバックハンドガンの「コルトM1911A」です。

ガバメントシリーズの中でも一番シンプルで無骨な軍用モデルです。






東京マルイのガスBLKは、他社と比べて性能が優れている印象がありますが、中でもコルトM1911系でサバゲーで安心して使える性能の物となると、東京マルイ製品がダントツではないでしょうか。






ホールドオープン状態もさまになっています。






かれこれ100年以上昔の設計ですが、天才銃設計家ブローニングのデザインは実に機能的かつ優美で魅力的です。






ホールドオープン時にのぞく光景はガスBLKにお馴染みのものですね。(画像の状態からすると、少々油を差す必要があるかな…)






マガジンは最近の現用オートと比べるとかなり薄型です。






実銃では装弾数は45口径11.4㎜弾が7発ですが、東京マルイ製品はダブルカラム式にする事で、装弾数26発を誇ります。

この火力はサバイバルゲームではかなり頼りになります。






同じ大戦物のワルサーP38やトカレフTT33の装弾数がのきなみ10~15発程度である事を考えると、非常にサバイバルゲーム用ツールとしての配慮が伺えるのが好印象です。






外見を損ねない為か、HOP調整にはスライドとフレームを分解する必要があります。

まずマガジンを抜き出して…






スライドストップを画像の切り欠きの位置にあわせます。






これでスライドストップを抜き取る事が出来ます。






あとはスライドを前方に抜き出せば通常分解完了です。






HOP調整ダイヤルはスライド側にあり、コレを微調整して分解・組み立てを繰り返し、最良の弾道にあわせるわけです。

少々面倒ではありますが、しっかり調整しておけば、安心してゲームに投入できるというもの。






フレームは大戦間のブローニング系列らしく、薄めで突起物の少ないスマートな形状です。






グリップ底にはランヤード取り付け用リングがあります。






フレーム真後ろから。






グリップは茶色の樹脂製グリップで、米軍実物も樹脂製でよく再現されています。

また、フレーム後方のスライドする出っ張りは、握りこむことで解除されるグリップセフティです。






正面から見るとバレル付近の立体感が格好良いです。






バレルブッシング周りのデザインはコルト・ブローニング系列に共通の洗練されたデザインです。

インナーバレルは真鍮製です。






実際に照準するとこんな感じです。






ハンマー・セフティ周辺の様子です。






ハンマーを起こした状態です。






ハンマーを起こした状態にすると、セフティをかける事が出来ます。

シンプルでわかりやすい構造です。






また、トリガーを半分引いた状態でゆっくりハンマーを戻す事でハーフ・コック状態にする事もできます。

実用上、サバイバルゲームで使う事はまずありませんが、こういうところが再現されていると、モデルガン的楽しみが増えて嬉しいポイントです。






セフティ反対側のフレームはこんな感じです。

製造メーカーごとに刻印は違うそうですが、そこも再現されています。






コルトM1911専用のM1916ホルスターとマガジンポーチをピストルベルトに装着した状態です。

ホルスターは当初は茶革製でしたが、M1956装備が採用された頃から黒革製に変更されました。






ハンドガンマガジンポーチの外見は第二次世界大戦中盤に採用されたM1943型とほぼ変わりませんが、装着方法がスライドキーパー(いわゆるアリスキーパー)に変更されています。






M1956マガジンポーチには、マガジン2本が収納できますが、ガスBLKの場合、マガジンリップの分だけ実物より長いため、蓋が閉まりません。






そこで、実用性優先で布を継ぎ足し、蓋が閉まるように改造しました。






やっつけ仕事ですが、実用上は問題なく使えるのでまあいいかな、と思っています。






改造にあたり、縫製は一切行わず、余り物の軍用布地とセメダインXによる接着という荒業で乗り切りました。






1980年代半ばにベレッタM9が採用されるまではコルトM1911系がアメリカ軍のサイドアームであり続けたため、LC装備とホルスターの新旧取り合わせた装備の組み合わせも普通にありました。






こちらはベレッタM9用のマガジンポーチですが、ガバメントのマガジンも綺麗に収納できます。

こちらは改造しなくても蓋が閉まるのでその点でも使える装備です。






実際の使用例はあまり見かけたことがありませんが、専用のピストルランヤードもあります。

ODナイロン紐と硬い厚手のビニールパイプでサイズ調整するように出来ています。






M1916ホルスターでは、装備用フックの部分に端末を引っ掛けるようにしていたようです。

ベレッタM9&ビアンキM12ホルスターの組み合わせの場合だと、ホルスター下部のDリングに引っ掛ける例が見られます。






私の場合、軍装に合わせて購入する銃を選択することが殆どのため、外観はともかく、性能に劣る銃をいたわりながら戦う事が少なくないのですが、(マルゼンのP38しかり、マルシンの14年式しかり…)こと米軍装備に関しては、東京マルイのミリタリーガバのお陰でストレスなく撃ちまくれて大満足!






私なら、サバゲーで使えるガスBLKを一丁だけ選ぶとしたら迷わずこの銃を選択します。

性能と銃そのものの魅力、所有欲を満たすという点で、コストパフォーマンスは抜群にいいと思います。






性能抜群で外観も良いミリタリーガバメントが安価で手に入るとは、何という幸せ。

MGCのガスブローバックをいたわりながら使っていた高校生時代を思い出すと隔世の感がありますね。









同じカテゴリー(トイガン:ガスBLK)の記事画像
トカレフTT33 (KSC製・ガスBLK)
マカロフPMの代用に ~ ワルサーPPK/S (マルゼン・ガスBLK)
P38の決定版 ~ ワルサーP38 (マルゼン・ガスBLK)
自衛隊のサイドアーム ~ 9㎜拳銃 (タナカ・ガスBLK)
十四年式拳銃・前期型 (マルシン・ガスBLK)
同じカテゴリー(トイガン:ガスBLK)の記事
 トカレフTT33 (KSC製・ガスBLK) (2016-01-23 10:00)
 マカロフPMの代用に ~ ワルサーPPK/S (マルゼン・ガスBLK) (2015-05-16 10:00)
 P38の決定版 ~ ワルサーP38 (マルゼン・ガスBLK) (2014-07-05 10:00)
 自衛隊のサイドアーム ~ 9㎜拳銃 (タナカ・ガスBLK) (2009-10-14 19:00)
 十四年式拳銃・前期型 (マルシン・ガスBLK) (2009-04-28 20:26)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。