2016年12月24日

ドイツ国防軍 個人用携帯ショベル (複製品)







ドイツ国防軍の個人携帯ショベルです。

画像の物は中国製の複製品になります。






大戦ドイツ軍のショベルは戦後の同型品で代用される事が多いのですが、肝心の戦後製造品もなかなかお目にかかる機会が無くなってきました。

その為、このように複製品が登場するようになって助かりました。






ショベルカバーは革製です。

大型ですが、頑丈に出来ています。






ベルトループで装備ベルトに吊るすタイプなので、各部の縫製がしっかりしていると安心感があります。






ショベルカバーはショベルの根元をストラップでクロスさせて固定します。

ここに重量がかかるので長期使用時の強度が気になります。






ショベル本体は複製品なので全体の形状は比較的正確です。






複製品という事もあり、使用感は全く無く、綺麗過ぎるほどです。






ドイツ軍のショベルのブレードはスポット溶接ですが、本製品ではリベットで留めてあり、再現性はいまいちです。






一方、ショベルと柄の連結は実物通りリベット留めで好印象です。

ただ、見ての通り金属部分と重なる柄の部分までひとまとめに塗装されており、仕上げが大雑把な所がいかにも中国製ですね。






ショベルは外見重視の廉価版という事で、強度については不明です。

軍装品の中でも、ショベル類のレプリカ品は焼き入れのされていない物も多く、知らずに穴掘りに使うとブレードが思いっきり変形してしまうので注意が必要です。






ブレードを側面から見た所です。

かなり薄い造りであることがわかります。

実戦ではフチをグラインダー等で研いでおき、白兵戦時には刃の付いた鈍器として使用したと聞きますが、銃剣なんかより遥かに強力な武器になったであろう事は容易に想像できます。






ショベルの柄は木製ですが、中古放出品と比べると綺麗過ぎるくらいですね。

ただ、着色処理はしてあるので、他の装備品と合わせてもさほど違和感はありません。









同じカテゴリー(装備:ナチスドイツ軍)の記事画像
独軍水筒選び・その2 ~ ドイツ国防軍 M31水筒 (中国製・複製品)
独軍水筒選び・その1 ~ ドイツ国防軍 M31水筒 (実物 or 戦後品)
ドイツ軍の筒形マフラー ~ ドイツ国防軍 トーク (複製品)
ドイツ国防軍 装備ベルト&バックル (複製品&東独代用品)
ドイツ国防軍 重装サスペンダー (複製品)
ドイツ国防軍 モーゼル弾薬盒 (複製品)
同じカテゴリー(装備:ナチスドイツ軍)の記事
 独軍水筒選び・その2 ~ ドイツ国防軍 M31水筒 (中国製・複製品) (2017-03-25 10:00)
 独軍水筒選び・その1 ~ ドイツ国防軍 M31水筒 (実物 or 戦後品) (2017-03-18 10:00)
 ドイツ軍の筒形マフラー ~ ドイツ国防軍 トーク (複製品) (2016-12-31 10:00)
 ドイツ国防軍 装備ベルト&バックル (複製品&東独代用品) (2016-12-17 10:00)
 ドイツ国防軍 重装サスペンダー (複製品) (2016-12-10 10:00)
 ドイツ国防軍 モーゼル弾薬盒 (複製品) (2016-12-03 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。