2017年04月29日

ワルサーP38 (トイスター・エアコッキング)







韓国トイスター社製品のエアコッキング式トイガン、ワルサーP38です。






P38のエアコッキングガンは現状、東京マルイ製とトイスター製が流通していますが、東京マルイ製は共用ピストンの形状の影響で外観がデフォルメされており、見た目の「らしさ」は断然トイスター製に軍配が上がります。






画像ではわかりにくいですが、購入時はプラの質感丸出しで安っぽかった為、モデルガン用スプレーでガンブルー色に塗装してみました。(最初の画像は塗装前の箱出し状態です)






マガジンは概ねフルサイズを再現した物で、東京マルイ製品の割り箸型マガジンとくらべると満足感があります。






マガジンの仕様は、形状やマガジンリップの仕様等、東京マルイHGシリーズに準ずるスタンダードな物です。






装弾数は16発、マガジン本体内に重りなどは入っていないようで、とても軽いです。






マガジンリップでBB弾が保持されるため、予備マガジンとしても携行しやすいです。(別売りマガジンの入手が困難ですが…w)






画像では確認できませんが、インナーバレルは驚異のABS樹脂製です。

20年前なら割とよくある仕様ですが、今時珍しいですね。

ま、その程度のチープ・トイガンと認識しておけば良し、と言う事でもあります。






グリップはチョコレート色で塗装しました。

ついでに、安全装置の刻印にも赤を入れておきました。

これで見た目はだいぶグレードアップしました。






スライドストップ機能はありませんが、工夫してホールドオープン状態を撮影してみました。

コッキング時には、この位の後退距離になります。






スライド内部をみると、ピストン部分はトイスター製品共通の透明樹脂製だとわかります。

強度に不安を感じる素材感ですが、本銃に限って言えばローパワーの為、耐久性の心配もあまりないでしょう。






初速は一番高い時で画像のように40台後半程度。

10歳以上用モデルに近いローパワーですが、固定HOP搭載なので、目測で20メートル程は飛ぶようです。

ハンドガンとしても、この性能では敵と正面きっての勝負はかなり厳しいと言わざるを得ません。

あくまで、冬季向けのサイドアーム、「最後の武器」として用いるのが適していると思われます。









同じカテゴリー(トイガン:エアコッキング)の記事画像
zf41モドキ ~ モーゼルKar98k用スコープ (タナカ製)
実射性能は抜群 ~ モーゼルkar98k (タナカ・エアコッキング)
ベレッタM92F (東京マルイ・エアコッキング)
M16A2 (トイスター・エアコッキング)
AK-47 (黄河・エアコッキング)
冬期ゲームの強い味方 ~ コルトM1911A1 (東京マルイ・エアーコッキング)
同じカテゴリー(トイガン:エアコッキング)の記事
 zf41モドキ ~ モーゼルKar98k用スコープ (タナカ製) (2017-04-08 10:00)
 実射性能は抜群 ~ モーゼルkar98k (タナカ・エアコッキング) (2017-03-11 10:00)
 ベレッタM92F (東京マルイ・エアコッキング) (2016-11-05 10:00)
 M16A2 (トイスター・エアコッキング) (2016-10-29 10:00)
 AK-47 (黄河・エアコッキング) (2016-08-06 10:00)
 冬期ゲームの強い味方 ~ コルトM1911A1 (東京マルイ・エアーコッキング) (2015-12-19 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。