2017年03月25日

独軍水筒選び・その2 ~ ドイツ国防軍 M31水筒 (中国製・複製品)







前回紹介したフェルトフラッシェ(水筒)が耐久性に不安があった為、今回はヤフオク!や各種ミリタリーショップで出回っている、中国製の複製品を入手しました。






水筒本体やストラップは実物を良く再現してあり、複製品として申し分ないと思います。

ただ問題はフェルトカバーで、画像のように色がねずみ色をしており、一般的なイメージの茶色とは似ても似つかない印象です。






外観は、M31水筒の中でも初期型を再現してあり、キャップは本体と同じアルミ製、ストラップは黒革製で、付属のカップは黒塗装です。






カップは素材・形状ともに良好で、よい複製具合だと思います。






カップの塗装は外面のみで、飲料水を注ぐ内側には塗装されていないため、実用面でも安心できます。

また、左右でサイズの違うワイヤーハンドルもよく再現されています。






ストラップはキャップ留めやベルトフックへの分岐の部分等、以前紹介した実物中古品と比べても申し分なく、新品の複製品なので実用上も安心できます。






雑嚢のDリング等に引っ掛ける為のベルトフックはグレー塗装された金属製で、形状も実物同様です。






水筒底面にはストラップを留めるピンが見えます。






雑嚢に取り付けるときはこのストラップを雑嚢側のベルトループに通して、底のピンに留めて固定します。






水筒キャップはアルミ製の初期型を良く再現してあります。






あえて苦言を呈するならば、実用する際には内側に防水キャップが無い為、水漏れの不安があります。(というか、強く振れば確実に水が染み出てくるはず)

実物ではゴムの内張りがしてあるはずなので、できればそこまで再現して欲しかったところです。






水筒本体はアルミ製です。

楕円形の特徴的な外見もよく再現されています。






裏面は平らになっており、装備した際の座りがよくなるよう工夫されています。






新品の複製品なので、実際に水を入れて使用することも可能です。






フェルトカバーは側面のボタンで容易に脱着できます。






全体に戦時品を良く再現してありますが、唯一にして決定的な欠点として、やはりフェルトカバーの色がイメージと違いすぎるという点があり、結局3度目の水筒探しをする事にしました。






フェルトカバーの装着ボタンには刻印も再現されており、非常に良い出来だと思います。

それだけに、カバーの色味の違いが残念でなりません。









同じカテゴリー(装備:ナチスドイツ軍)の記事画像
ノーマルマガジンには必須の一品 ~ ドイツ国防軍 MP40マガジンポーチ (複製品)
独軍水筒選び・3度目の正直 ~ ドイツ国防軍 M31水筒 (カンプバタリオン・複製品)
独軍水筒選び・その1 ~ ドイツ国防軍 M31水筒 (実物 or 戦後品)
ドイツ軍の筒形マフラー ~ ドイツ国防軍 トーク (複製品)
ドイツ国防軍 個人用携帯ショベル (複製品)
ドイツ国防軍 装備ベルト&バックル (複製品&東独代用品)
同じカテゴリー(装備:ナチスドイツ軍)の記事
 ノーマルマガジンには必須の一品 ~ ドイツ国防軍 MP40マガジンポーチ (複製品) (2017-04-22 10:00)
 独軍水筒選び・3度目の正直 ~ ドイツ国防軍 M31水筒 (カンプバタリオン・複製品) (2017-04-01 10:00)
 独軍水筒選び・その1 ~ ドイツ国防軍 M31水筒 (実物 or 戦後品) (2017-03-18 10:00)
 ドイツ軍の筒形マフラー ~ ドイツ国防軍 トーク (複製品) (2016-12-31 10:00)
 ドイツ国防軍 個人用携帯ショベル (複製品) (2016-12-24 10:00)
 ドイツ国防軍 装備ベルト&バックル (複製品&東独代用品) (2016-12-17 10:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。