2017年01月07日

中国人民解放軍 56式小銃チェストリグ (実物放出品)







中国人民解放軍の56式小銃用チェストリグです。

同盟国への輸出のみならず、各国でも模倣製造され、現在でも世界中で使われ続けているベストセラーアイテムです。






1950年代から製造されているため、小改造が繰り返され、ハーネスに調節金具の付いた物や、ハーネスの縫い付け位置の違い等、地味にバリエーションに富んだチェストリグですが、この画像の物は1960年代製の色合いがカーキ系の物です。







こちらは1980年代製で、色が濃緑色になっている他は、作りは同型です。






並べてみると色の違いが一目瞭然です。






こちらは私が最初に購入した56式チェストリグです。

カーキ系と濃緑系の色の素材が混用された、こんなタイプもあります。

なお、各ポケットの用途ですが、正面の3個がマガジン収納用で、向かって左端の三角気味のポーチにはクリーニングツールとガンオイル缶を入れます。

向かって右端の濃緑色のポーチは内側が防水ビニール処理されており、包帯包を1個収納します。

残りのポーチは予備弾薬を紙箱ごと収納しているようです。






だいぶ使い込んで退色していますが、カーキ系と比べると黄緑色に近い色合いです。






購入して間もないカーキ系チェストリグと比べると、縫い目やしわの色落ちが使い込んだ風合いを醸し出しています。






1960年~1970年代製装備です。

旧日本軍を思わせるカーキ色です。






1980年代製装備です。

迷彩効果を考慮してか、濃緑色に統一されています。






アレンジ例として、アフガニスタン紛争時のソ連軍のスタイルを再現してみました。

アフガニスタンでは中国製もしくは模倣製造されたチェストリグが流行していました。

マガジンはRPK74用のロングマガジン、各ポケットには手榴弾や包帯包を収納しています。







56式チェストリグは余裕のある作りなので、AK-47でもAK-74でも問題なく収納できます。









同じカテゴリー(装備:中国軍)の記事画像
中国人民解放軍 65式/87式水筒 (実物放出品)
中国人民解放軍 56式小銃マガジンポーチ・ソ連型 (実物放出品)
中国人民解放軍 56式班用機関銃ドラムマガジンポーチ (実物放出品)
中国人民解放軍 81式小銃チェストリグ (実物放出品)
中国人民解放軍 54式拳銃&59式拳銃ホルスター (実物放出品)
中国人民解放軍 雑嚢 (実物放出品)
同じカテゴリー(装備:中国軍)の記事
 中国人民解放軍 65式/87式水筒 (実物放出品) (2017-03-04 10:00)
 中国人民解放軍 56式小銃マガジンポーチ・ソ連型 (実物放出品) (2017-01-28 10:00)
 中国人民解放軍 56式班用機関銃ドラムマガジンポーチ (実物放出品) (2017-01-21 10:00)
 中国人民解放軍 81式小銃チェストリグ (実物放出品) (2017-01-14 10:00)
 中国人民解放軍 54式拳銃&59式拳銃ホルスター (実物放出品) (2016-03-19 10:00)
 中国人民解放軍 雑嚢 (実物放出品) (2016-03-05 10:00)
この記事へのコメント
お!!
久々の人民解放軍ネタ!!

これからも更新を楽しみにしてますよ”
Posted by ガトチュガトチュ at 2017年01月08日 22:14
>ガトチュさん
コメントありがとうございます。
解放軍のチェストリグは種類が多くて奥深いです。
他の装備も、おいおい記事にしたいと思います。
Posted by らんたろーらんたろー at 2017年01月08日 22:34
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。