2009年04月15日

無いモノは作っちゃおう! ~ 戦闘帽・迷彩Ⅱ型 (自作)








かつて自衛隊装備に興味を持ったばかりの頃、自衛隊装備ではお馴染みのピアノ線を仕込んだ丸天帽のデザインがどうにも好きになれなくて、「日本陸軍の戦闘帽のデザインなら格好良いのに。」なんて思っていました。
そこでふと思いついた、自衛隊迷彩柄の日本陸軍式戦闘帽を実際に作ってみようと思い立ち、意欲のままに製作したのがこの戦闘帽です。







☆戦闘帽・前面





素材は、全て手持ちのアイテムを流用しています。
廉価版の日本陸軍戦闘帽レプリカ品をばらして型紙を製作、陸自迷彩のバンダナを主な素材として縫製しました。







☆戦闘帽・後面





サイズ調整用の紐部分、及び帽子の“鉢巻”に当たる部分は、陸上自衛隊戦闘帽をばらして流用しています。
その為、その部分と他の部分で布地の厚み、色味が違って見えます。







☆戦闘帽・裏地





日本陸軍の実物戦闘帽同様、裏地のある二重構造を再現、というか、日本陸軍戦闘帽を芯にして、型紙に合わせて切り出したバンダナを貼り付けるように縫製したため、結果としてそうなっただけだったりします。
結果オーライということで…(w







☆着装状況





単なる思い付きで製作した戦闘帽、どう利用しようかと言う所で、かなり昔に購入した自衛隊風BDU(デザインが米軍型4ポケットのやつ)やWWⅡドイツ軍のベルト等、手持ちのアイテム寄せ集めて架空の”大日本帝国陸上自衛隊”をでっち上げてみました。(完全自己満足の脳内設定でゴザイマス…)







☆想定64式小銃を構える帝國陸上自衛隊歩兵。





ドイツ連邦軍装備が揃わなくてゲームに投入出来ずにいたH&K G3A3をリペイントして、“想定64式小銃”として使用してみました。
ヘルメットは日本軍の九〇式鉄帽に陸上自衛隊の66式鉄帽用迷彩カバーを組み合わせた物。
専用にあつらえたかのように上手く装着できました。

この装備はこの時1回きりで、その後はやっていません。
やはり、元ネタのない架空装備というのは性に合わないみたいです。

自作アイテムには愛着が沸くもので、現在でもたまに被ってみたりしています。どんなジャンルであれ、モノづくりというのは楽しいものですね。やる気出すまでが一苦労ですケド(w




p.s.最近になって、自衛隊アイテム販売の大手「PXサイトー」さんのHPで発売された海自デザインの陸自迷彩戦闘帽が、ほとんど同じ形で驚きました。
あちらは流石に市販品、写真で見ただけですが、出来はいいみたいですよ。
それにしても略帽型のデザインってのは、思わず帽章を縫い付けたくなりますね~(w







同じカテゴリー(装備:自衛隊)の記事画像
GATE ~自衛隊彼の地にて、斯く戦えり~ 陸上自衛隊 特地派遣部隊・軽装スタイル
HATCH XTAKKタイプ・ニーパッド&エルボーパッド (ノーブランド・レプリカ)
陸上自衛隊 2型迷彩・ピストル用ダブルマガジンポーチ (エスアンドグラフ製)
最新型はスマホ対応 ~ 陸上自衛隊・2型迷彩グローブ (ヒメジグローブ製)
BHI CQC SERPAホルスターセット・SIG P226用 (ノーブランド・レプリカ)
GATE ~自衛隊彼の地にて、斯く戦えり~ 陸上自衛隊 特地派遣部隊スタイル
同じカテゴリー(装備:自衛隊)の記事
 GATE ~自衛隊彼の地にて、斯く戦えり~ 陸上自衛隊 特地派遣部隊・軽装スタイル (2018-07-21 10:00)
 HATCH XTAKKタイプ・ニーパッド&エルボーパッド (ノーブランド・レプリカ) (2018-07-14 10:00)
 陸上自衛隊 2型迷彩・ピストル用ダブルマガジンポーチ (エスアンドグラフ製) (2018-07-07 10:00)
 最新型はスマホ対応 ~ 陸上自衛隊・2型迷彩グローブ (ヒメジグローブ製) (2018-06-30 10:00)
 BHI CQC SERPAホルスターセット・SIG P226用 (ノーブランド・レプリカ) (2018-06-23 10:00)
 GATE ~自衛隊彼の地にて、斯く戦えり~ 陸上自衛隊 特地派遣部隊スタイル (2018-06-16 10:00)
この記事へのコメント
G3のリペイントについて詳しくお願い申し上げます
Posted by 通りすがりの六四好き at 2009年04月15日 21:07
>通りすがりの六四好き様

した事といえば、G3A3の緑色の部分(グリップ、ストック、ハンドガード)をカラースプレーで上塗りしただけです。

ハンドガード部分はインディのパーカーシールで、グリップとストックは最寄のホームセンターで購入した茶系のラッカースプレーを吹きました。
(色については詳しくは忘れてしまいました。なんせ数年前のハナシですので・・・)

こんなところで、宜しいでしょうか。。。
Posted by らんたろー at 2009年04月15日 21:17
素早いご返答ありがとうございます

ラッカーでしたか・・・
自分はミスターカラーのスプレーで電動ガンの塗装をしてべたべたな目にあったことがあったのでそれ以来銃の塗装は半ばあきらめていたのですが
あれはアクリル系(?)だったからなのかな?
情報ありがとうございます
勉強になりました
Posted by 通りすがりの六四好き at 2009年04月15日 21:22
>通りすがりの六四好き様

お役に立てたようでなによりです。

私も、模型用塗料で失敗の経験ありです(w
ミスターカラーはラッカー系ですが、やはり触れているうちにべたついてくるようです。

私は、件のラッカー塗料の上に、更にトイガン用透明塗料の「クリアシール」を重ね塗りしています。
トイガン用塗料は、アルコール系なので、乾くのは早いし塗膜は厚いので、塗膜の保護やべたつき対策には非常に有効です。(¥2,000前後しますケド…)

以上、ご参考までに。。。
Posted by らんたろー at 2009年04月15日 21:32
はじめまして、wilsonこと新米兵士と申します。
>「☆想定64式小銃を構える帝國陸上自衛隊歩兵」
感動モノです!かの戦争で負けてなければ、これも現実だったかも知れませんね。ミリタリはこんなこともできる醍醐味があって楽しいです。これからも楽しいブログ期待しております(敬礼!)
Posted by wilson1971wilson1971 at 2009年04月22日 21:37
>wilson1971様

ご覧頂きありがとうございます。

今回の“想定64式”では、自分の中の「いちばん格好良いもの」即ち、自衛隊の迷彩と帝國陸軍の軍装を組み合わせてみました。

正確な時代考証の装備でのサバゲーも良いですが、こういう架空の装備もたまには良い物ですね。
Posted by らんたろーらんたろー at 2009年04月22日 21:58
恐らくWW2で我が大日本帝国が勝っていたら帝国陸軍の軍服は貴殿の製作した様な感じになっtうぃたのかも知れません。
Posted by ささやん at 2018年07月16日 06:21
>ささやんさん

コメントありがとうございます。

実際、警察や消防などの「軍」的なしがらみのない組織では、略帽のデザインは受け継がれていますから、軍隊アレルギーのないIF世界なら、普通に伝統として引き継がれていたでしょうね。
Posted by らんたろーらんたろー at 2018年07月16日 09:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。