2018年02月04日

アメリカ陸軍 ジャングルブーツ (ロスコ製・複製品)







アメリカ軍がベトナム戦争で使用していた「ジャングルブーツ」です。
画像の物はロスコ製の複製品になります。
ロスコ製品は再現性は素材はそれなりですが、値段が安いのが魅力です。






画像の物は人造皮革製の一番安価なタイプで、他に本革製タイプもありますが、どのみち実物とはちょっと印象が異なるので履きつぶすつもりで安いほうを購入しました。






靴紐はナイロン製で、現用品のようにスピードレースではありません。
実物ではこのボタンホールの革部分の断面が白っぽい色で特徴的なのですが、複製品では真っ黒です。
これは本革製でも他社製品でもそうで、実物との一番の相違点と言えそうです。






ジャングルブーツの内側です。
土踏まずの近くに水抜き孔が二箇所設けてあります。






ジャングルブーツの外側です。
コットン製のブーツ本体には、補強用のナイロンテープが斜めに縫い付けてあります。
これは最初期型には無かった部分で、戦訓に合わせて改良された部分です。






かかと部分です。
縦にナイロンテープの補強がなされています。






使用時に擦り切れそうな部分、負荷のかかる部分にはナイロン布で補強がなされているのが良く分ります。
複製品としても、よく再現されていると思います。






ゴム製のソールはジャングルブーツでは後期型にあたる「パナマソール」が再現されています。
それまでの「ピブラムソール」はグリップ力は高かったものの、泥が詰まりやすかった為、後期生産型では「パナマソール」に変更されました。
また、実物では靴底にブービートラップ対策の鉄板が内蔵されていますが、この複製品では再現されていないようです。




  

Posted by らんたろー at 10:50Comments(0)装備:アメリカ軍