2017年08月12日

日本陸軍 戦闘帽・後期型&帽垂 (中田商店製・複製品)







日本陸軍の下士官兵用戦闘帽です。
本品は中商店製の複製品に、同じく中田商店製の帽垂を取り付けた物です。






帽体は絨製(ウール)で、中央に黄色の星章が縫い付けられています。
顎紐は茶色の革製です。
かつて中田商店で初期カーキ色の戦闘帽が9,800円で売られていた頃、大戦時の生地を使って作られた本品が7,000円で新発売された際に即購入した物なので、相当使い込んでいます。






帽垂はコハゼという専用の金具で、戦闘帽のかがり糸に引っ掛けて取り付けますが、外れやすいので私は縫い付けています。






内張りは白色綿製で、周囲の汗止めは茶革製です。
実物だと内張りは目の粗い麻製で、仮縫いしてあるだけで取り外して手入れが出来ますが、本品では完全に縫い付けられており、分解はできません。(もっぱらファブリーズやリセッシュのお世話になっておりますw)






戦闘帽、のちに略帽と呼ばれるようになるこの帽子と帽垂を組み合わせた姿は、世界基準で「日本兵」のイメージになっています。






日本陸軍の戦闘帽は、基本的に夏でも冬でも絨製(ウール)で、戦争の末期に鉄帽覆いの生地を流用した綿製や、その他代用素材の物が登場したようですが、末期の事ゆえ、それほど普及はしませんでした。






帽垂のコハゼを挿し込むかがり糸は、もともと戦闘帽に設けてあるようです。
この複製品でも再現されていましたが、コハゼの形状が真鍮製で引っかかりの浅い物だったため、簡単に外れてしまい、結局縫い付ける事にしました。






後ろから見ると、帽垂の構造が良く分ります。
四分割された垂布は程よく肩にかかる程度の長さで、日光を遮りつつ行動の邪魔にならない最適な造りだと感じます。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(1)装備:日本軍

2017年08月05日

日本陸軍 防暑襦袢袴 (中田商店製・複製品)







日本陸軍の防暑襦袢です。
第二次世界大戦当時、主に南方戦線の兵士向けに製造・支給されました。
対になる防暑衣の中着として着用する物ですが、襦袢のみでも多用されました。






本品は中田商店製の複製品です。
色味や質感、形状とも実物を良く再現してあります。






内装はシンプルそのもの。
本来が下着用途ということもあり、余計な装飾は一切ありません。






襟周りは夏衣と同じ素材で出来ています。
開襟着用の際の見栄えや、強度を考えての事と思われます。






防暑襦袢という事で、開襟着用を前提としたデザインとなっています。






ただし、第1ボタンは付いており、折襟状態にすることは出来ます。






防暑目的を強く感じさせる構造として、脇下に開口部があり、ボタンで開け閉めできるようになっています。






ボタンを空けると、風通しが良くなります。






こちらは防暑袴下です。
軍袴同様、ウエストは腰紐式です。
通常の襦袢のような足首を締める紐はありません。






形状はストレートズボンタイプです。
中田商店の複製品は、実物と比べ生地が厚手で丈夫に出来ています。






前あわせはボタン留めです。
木製ボタンが使われていますが、一番上の大きいボタンのみ、プラスチック製です。
ここは複製品ならではですね。






元来が下着のようなものなので、普通のズボンのようなスリットポケットはありません。






一方、尻側には貼り付けポケットが2箇所設けられています。






防暑襦袢袴を着用した、日本陸軍歩兵です。
日本の戦争映画に登場する南方の日本兵は、もっぱらこの格好ですね。






背面から見たところ。
背中に鉄帽を縛着しています。






防暑襦袢姿での、膝射姿勢です。
画像では軍袴は履かず、防暑袴下のみで着用しています。






防暑襦袢姿での、伏射姿勢です。
鉄帽の擬装は、ホームセンターで売っていた造花を使ってみました。
写真では良い感じですが、サバゲーフィールドの植生に比べて明るい色なので、あまり効果は無かったようです…w






こちらは、サバイバルゲームでの火力強化の為、鹵獲トンプソン銃を装備した「遊撃隊・自動小銃班」装備です。
たった一人の日本兵ゲーマーとして、マルチカム相手に火力戦を挑む日々です。






戦時中の例にならって、袴下の上から短袴を重ね着していますが、中田商店製の袴下は実物より厚手で丈夫なので、ここまで厚着しなくてもいい感じです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:日本軍