2016年06月04日

ドイツ国防軍 ワルサーP38ホルスター (複製品)







第二次世界大戦当時に使用されていた、ドイツ国防軍のワルサーP38拳銃用ホルスター「ピストーレンタッシェ」です。

画像の物は海外製の複製品です。






裏面には実物に準じた刻印があります。

ベルトループの傾きと、収納した拳銃の座りがイマイチ納得出来なかったので、他のホルスターを探してみました。






次に購入したのが中田商店で販売されている物です。

実は過去に1度購入して手放した事があり、今回で2度目の購入となります。






裏面には刻印はありません。

ベルトループが実物同様に傾けて縫い付けてあります。






ベルトを通すとホルスター自体が斜め気味になり、拳銃が取り出し易い角度になっています。






ホルスターに拳銃を収納した状態です。

蓋を開けると、内部に縫い付けてあった革ストラップが連動して拳銃がせり出す仕掛けになっています。







ちょっとわかりずらいですが、蓋を開けるに従い、拳銃が少しだけせり上がってきます。






ホルスターの側面には拳銃の予備弾倉を収納するスペースがあります。

ただ、中田商店製・海外製ともに空間が狭すぎて、トイガンのマガジンは収納できませんでした。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:ナチスドイツ軍