2016年04月30日

陸上自衛隊 旧迷彩装備 (1970~1980年代)






陸上自衛隊・旧迷彩装備です。

1970年初頭に採用されて以来、1980年代を通して使用されました。

冷戦最盛期の自衛隊のイメージこそ、旧迷彩柄であると言えましょう。

1990年初期に2型迷彩装備が導入されてからは徐々に更新が進み、2000年代に入るころには、ほぼ姿を消したようです。






迷彩作業服着用・正面。

旧迷彩現役当時の基本装備です。

装備の着装状況は基本的にOD作業服時代から2型迷彩時代まで基本的に同じです。






装備品はOD色ビニロン製です。

旧迷彩現役当時のPX(売店)では、旧迷彩柄で作られた弾帯や弾納が販売されていたそうです。

全身くまなく旧迷彩柄にしたい隊員が個人的に購入する為の物ですが、耐久性は低かったとか。






個人装備品はOD作業服採用時と同様で、被服以外では迷彩鉄帽覆(ヘルメット・カバー)が導入されました。






画像では擬装の為の工夫として、鉄帽の擬装網にDIY店で売られている造花を差しています。

単体で見ると良い感じだったのですが、写真に撮ってみると色が明るすぎて浮いて見えますね。






着剣した64式小銃を構え、白兵戦に備える自衛隊員です。

ブレードの長い64式銃剣ならではの見栄えの良さがお気に入りです。






迷彩作業服は、柄はリーフパターンを模倣しているので良いとして、色味が独特の水色がかった明緑色で、熊笹の植生に合わせた物といわれています。

一般にイメージされる迷彩の概念からは違和感を感じる色調ではありますね。






73式背嚢を背負った状態・正面。

73式背嚢には身体正面で肩の動きを阻害しない為の横方向のハーネスが着いており、動きやすさを考慮されています。






73式背嚢を背負った状態・背面。

腰周りの装備品に干渉しないよう、横長に作られているのが73式背嚢の特徴です。

ショベルは通常、画像のように柄が上を向くように収納していますが、収納ポーチ下部にジッパーがあり、柄を下にして収納する事もできます。






小銃を肩に下げての移動中の様子です。

防護マスクに背嚢まで背負うと、動く時に結構かさばります。






73式背嚢の横長構造はそれはそれで理に適っているのですが反面、移動時に左右にぐらつく(揺れる)傾向があります。






着剣した64式小銃を手にしての移動シーン。

いやー、64式小銃は着剣状態が様になりますね~。






携帯円匙を背負った状態・正面。

戦闘を想定し、身体擬装網を身につけ、鉄帽共々、自然の草木を括りつけています。

また、顔にはドーランを塗って迷彩効果を高めています。






携帯円匙を背負った状態・背面。

携帯円匙は自作した背負い紐で背中に背負っています。

この紐はタイヤのゴムチューブ等を使って隊員が個人で製作した物で、通称「カンタロウ」と呼ばれています。

折畳式円匙の無かったOD作業服、旧迷彩時代にはこのような装備方法が良く行われていました。






64式小銃・立射姿勢です。

防護マスク4形ケースの大きさが目立ちますね。






第二匍匐中の自衛隊員です。

個人的に、旧日本軍と自衛隊は第二匍匐姿勢が一番格好良いと思います。






64式小銃・伏射姿勢です。

独特な色調の旧迷彩ですが、擬装の上で草木中に伏せれば、なかなか上手く溶け込めるようです。






64式小銃・二脚使用状態です。

64式小銃自慢の二脚を使用し、安定した射撃が出来ます。

画像のTOP製電動ガンは性能がどうしようもないので、あまり意味はありませんが…w






現在は中国のS&T社から64式小銃の電動ガンが発売されているので、外観に不満はあるものの、とりあえず「使える64式」が入手可能になったのはありがたい限りです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(9)装備:自衛隊

2016年04月23日

熊笹柄と冷戦期 ~ 陸上自衛隊 旧迷彩作業服 (ノーアイロン・PX品)






陸上自衛隊の旧迷彩服です。

旧迷彩という呼称は、現在の俗称であり、この服の現役当時には単純に「迷彩作業服」、のちには「戦闘服」とも呼ばれていました。






この迷彩作業服は1970年頃に採用され、まず空挺部隊、次に普通科その他へと順次装備されていき、1970年代を通してほぼ全隊員に行き渡ったようです。

1980年代には通常訓練及び普段着としてOD作業服、大規模な演習時(もちろん有事も含む)には旧迷彩といった使い分けがなされていたようです。






裏地はグレーグリーン単色です。

迷彩作業服のデザインはOD作業服とほとんど同型です。






OD作業服同様、脇の下には開口部が設けられており、通気性を考慮した作りになっています。

日本陸軍の各種軍衣にも見られる特徴です。






上衣には胸ポケットが2つあり、フラップは隠しボタン式です。






見ての通り、容量は少なく、持ち物を運ぶにはもっぱらズボンのポケットを使う事になります。






襟は折襟式で、前あわせはジッパー式です。

この辺りのデザインもOD作業服そのままです。

なお、取り付けてある階級略章及び名札は1984年以降に採用されたサブデュードタイプです。






襟の裏側にはボタンがあり、立ち襟型にする事が出来ます。






立ち襟状態にする事で、首を擬装する事、風を防ぎ防寒性を高める事が出来ます。






肩のエポーレットはボタン留めで、吊帯を通した際に不意の脱落を防止出来ます。

なお、この迷彩作業服は駐屯地の売店で販売されていたPX品のひとつで、「ノーアイロン」と呼ばれるテトロン製生地の物です。

質感がすべすべした化繊製で皺になりにくく、ノーアイロンと呼ばれているのですが、可燃性で容易に燃え溶けてしまうため、自衛隊内で使用禁止措置が取られたと聞いた事があります。






袖はボタン留め式です。






ボタンは2箇所あり、絞りを調節できます。






一番絞った状態です。






迷彩作業ズボンです。

迷彩柄の為にディテールが分りづらいですが、やはりOD作業服と同じデザインです。






背面も同様です。

ノーアイロンタイプなので、ビニロン製のOD作業服と比べても、皺が目立ちません。






前合わせはボタン留めです。






ズボンベルトは服と共生地の迷彩柄布製で、デザインはOD作業服用と同型です。

なお、ベルトは付属していなかった為、官品仕様のビニロン製ベルトを別途調達しました。






背面の様子です。

幅広のベルトループもOD作業服と同様です。






ズボンを側面から見た所です。

膝の辺りに当て布で補強がしてあります。






カーゴポケットはズボンベルトに近い、高い位置にあります。

なお、画像はありませんが空挺隊専用服では落下傘装備時に干渉しないようにポケットの位置がもっと下に移動させてあります。






カーゴポケットはマチがつけてあり、なるべく容量が多くなるよう工夫されています。






フラップはボタン1箇所で閉じる仕様です。






迷彩パターンは同時期の米軍のリーフパターンを参考にしているようです。

そして特徴的なのが迷彩の色調で、基本色がうぐいす色というか薄緑色といった淡い色調で、脱色・退色が進むと水色に近くなっていきます。

米軍のウッドランド迷彩などを見慣れた人間からすると、とっぴな色調に思えますが、マニア間ではおおむね「熊笹迷彩」と通称されるように、北海道に多く自生している熊笹によく溶け込む色調なのだそうです。

それゆえ、時に北海道専用迷彩などと呼ばれていたのを記憶しています。

また一説には、これは一種の「都市迷彩」である、という話もありました。

すなわち、薄緑色に茶色の混じった迷彩柄は、高層ビルの瓦礫にアスファルトが抉れて表土が露になった状態によく合う、というわけです。(勿論ウソ・ヨタ話の類ですがw)






色の独特さは世界有数の旧迷彩、これが現用の時代にはお世辞にも格好良いとは思えませんでしたが、完全に過去の存在となった今では、とても魅力的に見えるふしぎ!

なんといっても、冷戦期たけなわの1980年代の日本を守りぬいたのはこの迷彩柄ですからね。

自衛隊装備好きにとっては、思い入れもひとしおです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:自衛隊

2016年04月16日

通称「丸天帽」 ~ 陸上自衛隊 作業帽各種 (PX品)






陸上自衛隊のOD作業帽です。

画像の物はいわゆるPX品(駐屯地売店やサープラスショップで販売されている民生品)です。






陸上自衛隊の作業帽は、第二次世界大戦当時のアメリカ陸軍のフィールドキャップのコピー生産から始まりました。

1950年代の陸上自衛隊では、M1943フィールドジャケットに似た国産作業服と共に使用されましたが、やがて折り目の付かない円筒形の作業帽が採用されます。






通称「丸天帽」とも呼ばれる独特の形状は、アメリカ陸軍が朝鮮戦争で使用していた「ブロックキャップ」を参考にした物と思われます。(ブロックキャップは米軍の制式品ではありませんでしたが、PXで購入できた為、外見の格好良さを好む兵士に愛用されました)






帽子のハチマキ部分の内側はメッシュ素材で内張りがしてあり、汗対策と思われます。






綺麗な円筒形を維持するため、円形の周囲にはピアノ線を挟みこむ為の折り返しが設けてあります。






米軍の帽子と違い、作業帽には旧日本軍の略帽ようにサイズ調整用の紐が付いています。






こちらは旧迷彩柄の作業帽です。

OD作業帽同様、PX品の新品です。






この旧迷彩作業帽は流通在庫のみと言う事もあって、最近は入手困難なようです。






話に聞く限りでは、旧迷彩柄の作業帽は官品としては支給されておらず、自衛隊員各自でPX品を自費購入していたそうです。






ピアノ線を別途購入、仕込んであるので、天頂部も綺麗な円形を保持しています。






内側は迷彩の基本色の灰緑色単色です。






基本構造はOD作業帽と全く同じと言っていいようです。






こちらは現用の2型迷彩作業帽です。

1990年代初頭に導入された戦闘装着セットのひとつで、もっぱら「戦闘帽」や「迷彩戦闘帽」と呼ばれます。






例によってPX品ですが、はじめから帽章が接着してあるタイプを購入しました。






側面には通気孔が2箇所あります。






採用当初はそれまでの作業帽と同型で、2型迷彩柄にした物でしたが、最近の物はサイズ調整用の紐が廃止され、代わりにゴムが内蔵されています。






天頂部はこれまでと同様、ピアノ線で丸く保持するように出来ています。






内側は迷彩ではなく、単色生地なのも従来どおりです。






帽子後部のUPです。

引っ張ってみると、ゴムが内蔵されているのがわかります。






メッシュ素材の内張りも従来どおりです。










実際に作業帽を被ってみたところです。

帽子を水平に保つのが格好良く被るコツですね。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:自衛隊

2016年04月09日

陸上自衛隊 OD装備 (1960~1980年代)






画像はOD作業服~旧迷彩服時代の陸上自衛隊の個人装備です。

各装備品は、演習時に良く見られる並びで組んでみました。






これらの装備品はいずれもOD色のビニロン素材で作られており、大変頑丈にできています。

各装備品は実物放出品や駐屯地の売店で購入したPX品など入り混じっています。






2型迷彩装備が採用されるまでの自衛隊の個人装備は、画像のようにベルトループに弾帯を通してUの字型の金具でズレを防止する構造でした。






画像の64式小銃用銃剣は、ウインドラス製の真鍮製刀身の複製品です。

以前紹介したすてんがん工廠製ガレージキットと比べると再現性はだいぶ劣る代物ですが、なんせ金属製なので強度の面からサバイバルゲーム用には重宝します。

なお、実際の使用例によく見られるテープによる脱落防止を再現してみました。






自衛隊では常用されている銃剣止めを装着しています。

ナイロン製の紐の両端に金具が付いており、一方を弾帯の鳩目に引っ掛け、もう一方を銃剣の着剣溝に挿し込んで脱落防止とします。






ウインドラスの銃剣には実物にある着剣装置の凹型の溝がなく、銃剣止めの金具がロックされないため、画像のように金具にガムテープを巻いてキツめにして押し込んでいます。

とりあえずこのやり方で外れる事はありません。






陸上自衛隊普通科隊員の基本装備例・正面。

64式小銃を装備しています。

大型の防護マスクケースが目立ちます。

実際には1980年代だと若干エッジが丸っこい「防護マスク3形ケース」が正確ですが、もっていないので、より新しい「防護マスク4形ケース」を代用しています。






陸上自衛隊普通科隊員の基本装備例・背面。

X型の吊帯(サスペンダー)で装備品を吊る形式は、1940~1950年代の米軍装備を参考にした物と思われます。






73式背嚢装備例・正面。

背負った73式背嚢の補助ストラップが胸部に見えます。

この構造のおかげで腕が動かし易くなっています。






73式背嚢装備例・背面。

73式背嚢は旧型背嚢がほとんど旧日本軍の模倣だったのに比べ、個人装備をより効率よく運搬できるよう工夫された新型です。

良く出来た背嚢で、ビニロン素材で耐久性も高く、横長のデザインは腰の装備品への干渉を防ぐ為よく出来ています。

ただ、横長ゆえに移動すると揺さぶられる感じがするのが気になります。






円匙装備例・正面。

普通科の訓練時に良く見られた、円匙(ショベル)を背中に背負った状態です。

円匙は殆どの場合、隊員の自作したストラップを使って背負います。






円匙装備例・背面。

背中の円匙はゴムチューブ等で隊員の自作したストラップで背負っています。

このストラップ、通称「カンタロウ」と呼ぶそうです。(命名理由は不明)






自作ストラップで背負うやり方は、米軍風に腰に装備するのに比べると楽に、安定して装備できます。

特に米軍の物を模倣した自衛隊の旧型携帯円匙は重量が結構あるので、腰の弾帯に下げると腰痛になりそうな負荷を感じます。






着剣状態での警戒前進中の姿。

64式小銃用銃剣は同時期の各国軍と比べてもブレードが長く、実用性はともかく見た感じサマになります。






64式小銃・膝射姿勢です。

暑い時期には腕まくりしている事もありますが、基本的に擬装重視する自衛隊では珍しいですね。






背中の円匙が案外据わりがいいのがわかります。

サバイバルゲームでも移動時、常に安定しているのでカンタロウは便利で良いですね。






こちらは64式小銃採用以前に自衛隊の主力であったM1小銃用の弾納です。

以前にも紹介した物で、チームB.U.GメンバーRODAN氏所有の物を撮影用にお借りしました。






専用ポーチだけに、M1ダミークリップがぴったり収まります。

米軍の物と比べると、ベルト一体型ではなく、ポーチの数も4連になっており、収容弾数が減っています。

弾帯への装着方法は後の64式小銃用弾納と同様の方式です。






OD作業服での装備状況・正面です。

腰周りの雰囲気と手にした木製銃床で、64式時代と比べると、割と印象が変わるものです。






OD作業服での装備状況・背面です。

今回は弾帯と弾納のみの軽装備状態を再現しました。

画像では暗くて見えずらいですが、左腰にM1銃剣も吊っています。






全体に暗くなってしまいましたが、M1小銃の立射姿勢です。

M1小銃にはODコットン製スリングベルトを装備しています。

M1ガーランドにはM1907革製スリングベルトがつき物ですが、自衛隊に供与された物では見かけませんね。






8連クリップ装填の様子です。

M1小銃のみならず、コルトM1911やM3グリースガン等、自衛隊に供与された米軍装備は全て第二次世界大戦で使用された者を整備・調整した物で、1960年代にはとっくに耐用年数を過ぎていたようで、64式小銃の更新速度が予想以上に速やかに生産・配備されたのも納得です。

と言うわけで、陸上自衛隊では1970年代に入るとM1小銃はすっかり見られなくなったようです。






「11.4㎜短機関銃M3A1」を装備した状態。

M3A1は自衛隊創設初期に米軍から供与された装備のひとつで、初期型のM3短機関銃や、トンプソンM1A1と共に、主に機甲科の乗員自衛用、普通科の偵察隊、迫撃砲手等に配備されていました。






64式小銃採用後は普通科での運用は早々に打ち切られましたが、他に適当なサイズ・火力の武装の無かった車両乗員の自衛用火器として長らく使われ続け、2000年代初期頃までは駐屯地祭等で見られる程度には運用が続いていました。

さすがに現在では完全に退役完了しているようです。






OD作業服にグリースガンという組み合わせは、往年の角川映画「戦国自衛隊」の、にしきのあきら演ずる自衛隊員を思い出します。

リアリティより映像の迫力を優先した内容で、B級映画臭がしながらも、今でもたまに見直したくなる作品です。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(4)装備:自衛隊

2016年04月02日

一昔前の「自衛隊さん」 ~ 陸上自衛隊 OD作業服 (PX品)





陸上自衛隊でながらく使用されていた「OD作業服」です。






名称の通り、制服着用時以外の各種作業時の基本装備ですが、1970年代に迷彩作業服が導入されるまでは訓練・戦闘服としても使われていました。






自衛隊好きの間では「65式作業服」の名称もよく使われますが、自衛隊内ではもっぱら「OD作業服」と呼ばれていたようです。さらに1980年代頃からは「OD戦闘服」とも呼ばれていたとか。






自衛隊では発足以来、米軍のフィールドジャケットに似たデザインの国産作業服を使用していましたが、それに変わり採用されたのがこのOD作業服で、もともと空挺部隊での運用を考慮してデザインされた物を、ほぼそのまま採用したらしいです。






その為、前あわせがジッパー式だったり、服の裾をズボンにたくし込む着用の仕方等、特徴的なデザインが多々見られます。

例えば襟には裏にボタンとボタンホールが設けられ、画像のように立ち襟のような状態にも出来ます。

擬装と防寒を考慮したデザインと言えましょう。

また、両肩にはボタン留め式のエポーレットがあり、ここに吊帯(装備サスペンダー)を通す事で脱落防止にもなります。

なお、画像には映っていませんが、わきの下には開口部があり、通気性を考慮したデザインになっています。

これは日本陸軍の各種軍服にも見られる特徴で、この点に気付いた時、私は自衛隊にも旧軍のDNAが受け継がれているのだなと感慨深い気持ちになりました。






上腕部には階級略章(作業服・戦闘服用階級章の事)が縫い付けられます。

画像の物は旧型のフルカラータイプで、OD地に銀糸刺繍されていますが、1984年4月からは迷彩効果を考慮したサブデュードタイプのOD地に黒糸刺繍(現用モデル)へと変更されました。






袖はボタン留め式で、ボタンは2個縫い付けられています。






ボタンを留めるとこのような状態になります。






OD作業服のズボンです。

両側面に大型のカーゴポケットが付いているのが特徴です。






デザインそのものは絞りなどのない、実にシンプルなストレートタイプです。






ズボンには幅広のベルトループが設けられており、耐久性も高そうです。

なお、ズボン用ベルトは専用デザインの物がはじめから付属しています。






ズボンのベルトはズボンと共生地で縫製されたもので、2箇所の金属金具に布製のベルトを通す単純ながら丈夫なつくりです。

シンプルですが、馴れるとけっこう使いやすいベルトです。

このベルトのデザインは、後発の迷彩作業服(旧迷彩服)にも受け継がれています。






ジャケットとは違い、ズボンの前合わせはボタン留めになっています。






ズボンの背面です。

見ての通り、OD作業服のズボンには2箇所のカーゴポケット以外には物入れがありません。






背中側にも幅広のベルトループが確認できます。

なお、作業服の素材はコットンとビニロンの混紡で、非常に頑丈で耐久性に優れた素材です。

その分、厚みがありたくし込み型の着こなしも加わり、夏場は暑いと不評でもあったようです。






カーゴポケットは画像のように、ズボンベルトの直下に位置し、通常のズボンのような手を突っ込めるポケットはありません。

この辺りのデザインはアメリカ軍のM43HBT作業服を彷彿とさせます。







OD作業服の着装状況・正面。

円筒形の作業帽とあわせて、OD単色のこの着こなしが、ながらく陸上自衛隊のイメージでした。

もう20年も前の話になりましょうか…。






OD作業服の着装状況・背面。

実際の自衛隊さんはアイロンをしっかりかけて皺なく着こなしていますが、不精な私はわりとしわしわで着用しちゃってます。






自衛用に弾帯に拳銃を装備した状態です。

私は自衛隊専用の「W」マーク付きの個体を所持していないため、アメリカ軍のホルスターを代用しています。






拳銃の射撃姿勢です。

たくてぃこーな運用がなされる以前、前時代的な軍隊の拳銃の撃ち方は大抵、腰に手を当てて片手射ちが基本でした。






OD作業服の時代にはコルトM1911が似合います。

自衛隊での名称は「11.4㎜拳銃」でした。

1982年に「9㎜拳銃(SIG P220のライセンス生産品)」が採用されてからは速やかに退役していったようです。






この日はチームB.U.Gの戦友RODAN氏と示し合わせて、共にOD作業服で参戦しました。

同じコスチュームの仲間が揃うと、俄然”らしく”見えてきますね。






フィールドの倒木を片付けた時の様子です。

自衛隊装備だと、こういう作業の様子がことのほかサマになる気がします。






画像、向かって左はチームB.U.Gきっての自衛隊スキー「RODAN」氏です。

「OD作業服で揃えよう」との提案にさらりと答えてくれる辺り、さすがは自衛隊専門ゲーマーです。(撮影協力、感謝してます!)




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:自衛隊