2016年08月27日

軍装派に最適 ~ コルトM1911A1 (東京マルイ・ガスBLK)







東京マルイ製ガスブローバックハンドガンの「コルトM1911A」です。

ガバメントシリーズの中でも一番シンプルで無骨な軍用モデルです。






東京マルイのガスBLKは、他社と比べて性能が優れている印象がありますが、中でもコルトM1911系でサバゲーで安心して使える性能の物となると、東京マルイ製品がダントツではないでしょうか。






ホールドオープン状態もさまになっています。






かれこれ100年以上昔の設計ですが、天才銃設計家ブローニングのデザインは実に機能的かつ優美で魅力的です。






ホールドオープン時にのぞく光景はガスBLKにお馴染みのものですね。(画像の状態からすると、少々油を差す必要があるかな…)






マガジンは最近の現用オートと比べるとかなり薄型です。






実銃では装弾数は45口径11.4㎜弾が7発ですが、東京マルイ製品はダブルカラム式にする事で、装弾数26発を誇ります。

この火力はサバイバルゲームではかなり頼りになります。






同じ大戦物のワルサーP38やトカレフTT33の装弾数がのきなみ10~15発程度である事を考えると、非常にサバイバルゲーム用ツールとしての配慮が伺えるのが好印象です。






外見を損ねない為か、HOP調整にはスライドとフレームを分解する必要があります。

まずマガジンを抜き出して…






スライドストップを画像の切り欠きの位置にあわせます。






これでスライドストップを抜き取る事が出来ます。






あとはスライドを前方に抜き出せば通常分解完了です。






HOP調整ダイヤルはスライド側にあり、コレを微調整して分解・組み立てを繰り返し、最良の弾道にあわせるわけです。

少々面倒ではありますが、しっかり調整しておけば、安心してゲームに投入できるというもの。






フレームは大戦間のブローニング系列らしく、薄めで突起物の少ないスマートな形状です。






グリップ底にはランヤード取り付け用リングがあります。






フレーム真後ろから。






グリップは茶色の樹脂製グリップで、米軍実物も樹脂製でよく再現されています。

また、フレーム後方のスライドする出っ張りは、握りこむことで解除されるグリップセフティです。






正面から見るとバレル付近の立体感が格好良いです。






バレルブッシング周りのデザインはコルト・ブローニング系列に共通の洗練されたデザインです。

インナーバレルは真鍮製です。






実際に照準するとこんな感じです。






ハンマー・セフティ周辺の様子です。






ハンマーを起こした状態です。






ハンマーを起こした状態にすると、セフティをかける事が出来ます。

シンプルでわかりやすい構造です。






また、トリガーを半分引いた状態でゆっくりハンマーを戻す事でハーフ・コック状態にする事もできます。

実用上、サバイバルゲームで使う事はまずありませんが、こういうところが再現されていると、モデルガン的楽しみが増えて嬉しいポイントです。






セフティ反対側のフレームはこんな感じです。

製造メーカーごとに刻印は違うそうですが、そこも再現されています。






コルトM1911専用のM1916ホルスターとマガジンポーチをピストルベルトに装着した状態です。

ホルスターは当初は茶革製でしたが、M1956装備が採用された頃から黒革製に変更されました。






ハンドガンマガジンポーチの外見は第二次世界大戦中盤に採用されたM1943型とほぼ変わりませんが、装着方法がスライドキーパー(いわゆるアリスキーパー)に変更されています。






M1956マガジンポーチには、マガジン2本が収納できますが、ガスBLKの場合、マガジンリップの分だけ実物より長いため、蓋が閉まりません。






そこで、実用性優先で布を継ぎ足し、蓋が閉まるように改造しました。






やっつけ仕事ですが、実用上は問題なく使えるのでまあいいかな、と思っています。






改造にあたり、縫製は一切行わず、余り物の軍用布地とセメダインXによる接着という荒業で乗り切りました。






1980年代半ばにベレッタM9が採用されるまではコルトM1911系がアメリカ軍のサイドアームであり続けたため、LC装備とホルスターの新旧取り合わせた装備の組み合わせも普通にありました。






こちらはベレッタM9用のマガジンポーチですが、ガバメントのマガジンも綺麗に収納できます。

こちらは改造しなくても蓋が閉まるのでその点でも使える装備です。






実際の使用例はあまり見かけたことがありませんが、専用のピストルランヤードもあります。

ODナイロン紐と硬い厚手のビニールパイプでサイズ調整するように出来ています。






M1916ホルスターでは、装備用フックの部分に端末を引っ掛けるようにしていたようです。

ベレッタM9&ビアンキM12ホルスターの組み合わせの場合だと、ホルスター下部のDリングに引っ掛ける例が見られます。






私の場合、軍装に合わせて購入する銃を選択することが殆どのため、外観はともかく、性能に劣る銃をいたわりながら戦う事が少なくないのですが、(マルゼンのP38しかり、マルシンの14年式しかり…)こと米軍装備に関しては、東京マルイのミリタリーガバのお陰でストレスなく撃ちまくれて大満足!






私なら、サバゲーで使えるガスBLKを一丁だけ選ぶとしたら迷わずこの銃を選択します。

性能と銃そのものの魅力、所有欲を満たすという点で、コストパフォーマンスは抜群にいいと思います。






性能抜群で外観も良いミリタリーガバメントが安価で手に入るとは、何という幸せ。

MGCのガスブローバックをいたわりながら使っていた高校生時代を思い出すと隔世の感がありますね。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)トイガン:ガスBLK

2016年01月23日

トカレフTT33 (KSC製・ガスBLK)






KSCのガスブローバックガン、「トカレフTT33」です。

トカレフのガスガンはかつてハドソンから発売された事がありましたが、かなりの問題児だった上に早々に絶版になり、その後しばらくのちに韓国トイスター社からエアコッキングガンが発売された時は即、購入したものでした。






KSCのトカレフはガスBLKの上、作動も良好で、ようやく安心して使えるトカレフが手に入ったと感無量な気分です。

ヘビーウェイト素材でありつつ、ブローバックのスピードも速く、手にガツンとくる反動が心地よいです。






とりあえず、トカレフTT33とマカロフPMの2種類が揃えば、社会主義圏の軍隊のサイドアームは第二次世界大戦から冷戦終結時までフォローできるので、共産趣味者待望のアイテムと言えましょう。






箱の中身は、銃本体、取扱説明書、試射用BB弾、マズルキャップ、取り替え用マガジンボトムです。






KSCの取扱説明書は銃の操作の説明以外にも、実銃の情報もたっぷりで読み応えのある作りです。

私などは、昔のタミヤのMMシリーズ(組み立て方以外に戦史や開発秘話が書いてあった)の説明書を読むような気分で、懐かしいような得したような気分になりました。






トカレフ上面から。

フレームはかなり薄い印象です。

突起物が少ない分、ガバメントよりも薄く感じられます。






トカレフ下面から。

フレームの薄さゆえ、グリップの厚みが目立ちます。

これでも韓国トイスター製エアコッキングガンよりも薄いです。






ホールドオープン状態です。

スライドストップの他には可動部分が殆どありません。

実にシンプルな外観です。






こうしてみると、コルトM1911よりもコルト380オート等の中型オート系に近いデザインですね。

本体はヘビーウェイト素材でずっしりしています。






ロシア版ブローニング系オートといった風情のトカレフ、なんともいえない魅力があります。






フレームの薄さもあって、握った感じは悪くないです。






ホールドオープン時のスライド後端の丸みに特徴があります。






エジェクションポートから覗く構造は、ガスBLKにお馴染みの光景です。






ちょっとぼやけてしまいましたが、マズル付近もコルト系に似た雰囲気です。






トカレフは極力ネジ類を使わない構造で、スライドストップは反対側でコの字型パーツで挟んで固定してあります。






この辺りの処理の野暮ったさというか、大雑把さがロシア的合理主義とも思える処理で、面白いです。






マガジンは薄く、コルト45オートと良く似た印象です。

装弾数は10発で、サバイバルゲーム視点ではかなり残念な点ではありますが、1チャージのガスで確実に撃ち切れると考えれば妥当と考えるべきなのでしょう。






マガジンボトムは取替えられます。

本銃には標準でランヤードリング付きが取り付けられていますが、付属品としてリング無しも入っています。






なお、一緒に購入した別売りの予備マガジンはリング無しタイプでした。






グリップの固定にはネジは使われておらず、内側のパーツで銃本体に引っ掛けて固定します。






その為、グリップは工具無しで取り外しできます。






今回は、ソ連軍の実物ホルスターに収納してみました。

ホルスター自体が人造皮革製で柔らかめなのもあって、よく馴染みます。






ホルスターには予備マガジン収納ポケットがあり、本体と合わせてマガジン2本分を携行できるわけですが、この状態でも一般的なガスBLKの1マガジン分にも満たない装弾数(20発)なのは、少々厳しい所です。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(7)トイガン:ガスBLK

2015年05月16日

マカロフPMの代用に ~ ワルサーPPK/S (マルゼン・ガスBLK)


マルゼン製ガスブローバック・ワルサーPPK/sです。
実射性能もまずまず良いですし、サイズの割りに鋭いリコイルは快感です。サバイバルゲームにおけるサイドアームとしては、必要充分な実射性能と、中型拳銃でありながら装弾数も多いという奇跡の組み合わせで、私の愛用するガスBKLのひとつであります。





価格が安いのも高評価ですね。上手くすれば、予備マガジン込みでも10,000円以内で調達できるのですから、コストパフォーマンスは非常に高いです。





本来はドイツ製銃器ですが、戦後のアメリカ市場向けの製品なので、正確には民間人の護身用もしくは私服警官の装備が一番似合う銃だといえます。
私はながらくこの銃を、主にソ連軍のマカロフPMの代用として運用していました。







画像は東ドイツ軍のマカロフPM用ホルスターです。
たぶん、現在最も安価に入手できるマカロフ・ホルスターではないかと思われます。





マルゼン製品は若干グリップ周りが太めなので、多少きつめですが、充分収納可能です。





ソ連軍装備でサイドアームを携行しようとすると、事実上マカロフ・ホルスター一択の状況ですので、必然的に収納可能な中型拳銃として、このワルサーPPK/Sは重宝しています。
画像で見ての通り、両者のサイズはほぼ同じなので、ホルスターにも収納可能です。但し、予備マガジンまでは収納出来ません。(マガジンポケットには入りますが、蓋がしまらなくなります)
現在はKSC製の正真正銘マカロフPM拳銃がリリースされていますが、本体価格や装弾数からワルサーPPK/Sもまだまだ活躍の余地はありそうです。


  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(5)トイガン:ガスBLK

2014年07月05日

P38の決定版 ~ ワルサーP38 (マルゼン・ガスBLK)






☆マルゼンのワルサーP38は世界一ぃ~ッ!


マルゼン製品の良い所は、良好な実写性能でありつつ価格も比較的リーズナブルな点だと思います。

この製品も手頃な価格でありながらリアリティも高く、かつヘビーウェイトモデルやシルバーメッキモデル他、バリエーションも豊富でユーザーの様々な嗜好に対応している辺り、好印象ですね。

2013年時点で、ワルサーP38のエアソフトガンとしては最高の物と言えます。















☆各部の刻印もリアル


マルゼンのP38は第二次世界大戦当時のモデルを再現しており、銃の各部の刻印も再現されています。

外箱には各製造年代ごとのP38のバリエーションが印刷されており、これがまた良い雰囲気を醸し出しており、所有欲を大いに満たしてくれます。












☆ホールドオープン状態


ガスブローバックなのでスライドストップも当然ライブです。

私は東京マルイの作るモデルガンではじめてP38に触れたので、この状態のP38を見ながら、「モデルガンと同じでリアルだ」と妙な感慨を覚えたものです。












☆上から覗くブローバックエンジン


内部に覗くレイアウトはガスブローバックトイガンお馴染みの風景です。

ブローバックエンジンが同じという事で、PPK/sと形状がそっくりです。

射撃時の感覚は、PPK/sと比べると比較的ゆったりというかずっしりというか、PPK/sの小気味よい作動に対して「重量感増し増し」といった趣です。(決してトロいというわけではない)

同じブローバックシステムでも、銃によって印象は変わるものですね。















☆ワルサーP38用ホルスター


P38購入に合わせて、ホルスターも入手しました。

画像のホルスターはドイツ軍の初期型ホルスターで、中田商店で購入した複製品です。

硬い黒革製のハードシェルタイプなので、拳銃をがっちり保護してくれます。

なお、サイドの予備マガジンポーチには、マルゼンのマガジンは「入りません」

無理やり押し込んでもリップ付近しか入らないばかりか、ガスバルブが押されて生ガス強制発射で痛い目を見るのがオチです(経験済みw)












☆作動も快調!(気温が高ければ・・・)


実射性能は、“マルイ製品とマトモに渡り合わなければ”充分満足できるレベルといえそうです。
少なくとも、ガス漏れはありませんし、作動不調も、気温が低い時を除けば気になった事はありません。

ただし、気温の低さに弱い点は(ガスブローバックトイガンに共通の宿命とはいえ)秋冬季が一番の活躍時期である大戦ドイツ軍装備にとってはなかなか辛い点でもあります。(東京マルイのミリガバが動く程度の気温でも作動不調気味になる程度)

私は実際のサバゲーでの経験で、いざサイドアームで応戦だ!という状況で生ガス噴出・機能停止!という失態を演じた事があります。

その他の注意点として、マガジンチェンジの際にマガジン上部のガス放出バルブが、マガジンキャッチにぶつかり易いようです。(ぶつかると派手に生ガス吹きます)

ゲーム中に、慌ててマガジンチェンジをする際によく起こるミスなので、その点だけは注意した方がいいですね。

ともかくも、総合的に見て、非常に満足できる逸品ですので、ワルサーP38のエアソフトガンが欲しければ迷わず買いましょう!



  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(4)トイガン:ガスBLK

2009年10月14日

自衛隊のサイドアーム ~ 9㎜拳銃 (タナカ・ガスBLK)







☆自衛隊装備には9㎜拳銃が良く似合う♪

陸自装備の際のサイドアームに、東京マルイのコルトM1911A1を愛用していましたが、考証面と、何より自分自身の物欲を満たす為に、タナカのガスBLK・9㎜拳銃を入手致しました。






☆モデルはヘビーウェイトVer.2

外観は、さすがにモデルガン・メーカーのタナカだけあって、リアルです。素っ気無い茶色の箱がまた雰囲気があってイイ!
今回購入したのはヘビーウェイトモデル・バージョン2。友人の所持しているノーマルモデルと比べると、確かに重量感があり、質感も異なります。






☆箱出し直後の9㎜拳銃

購入後すぐの撮影ですので、まだ銃全体に潤滑オイルがついている状態。中古の良い出物を漁るのも好きですが、やはり新品は格別ですなぁ(w






☆ホールド・オープン状態

スライドストップが掛かった状態です。ご覧の通り、リアサイト・フロントサイト共にホワイトが入れてあり、狙いやすくしてあります。






☆9㎜拳銃・右側面

この薄いフレームとチェッカリング・グリップがP220系の魅力ですね。






☆9㎜拳銃・左側面

薄くて判り難いですが、スライドに自衛隊仕様を表す桜のマークと、「9㎜拳銃」の刻印があります。この銃の存在価値の全てがこの刻印にあると言っても過言ではないでしょう!(断言)






☆9㎜拳銃・マガジン

マガジンの装弾数は12発。ゲーム用としては予備マガジンは必須ですが、タナカの予備マガジンは結構高いんだよなぁ~。
これらの画像は、友人の所有する9㎜拳銃ノーマルモデルです。比較参考用に写真に撮らせてもらいました。






☆初速

初速は76m/s前後です。ハンドガンとしては充分な値でしょう。






☆片手撃ちの似合う拳銃です(私見)

実射は主に春先に行いましたが、安定して作動してくれました。タナカのガスBLKといえばガス漏れの印象が強かったのですが、特にそのようなトラブルも無く、楽しい射撃を楽しめます。
作動は、反動が軽く、マイルドな感じです。マルイのP226辺りと比べると“おとなしい”印象でした。
友人のノーマルモデルと比べても動作がゆっくりした感じなので、ヘビーウェイト素材だからかもしれませんね。






☆HOP調整はここまで分解してからネジでちまちま・・・。

ただ、サバゲーに使うには非常にマズイ傾向もあるようで・・・。
私の購入した固体だけかもしれませんが、HOPの掛かりが非常に不安定というか、最適位置にあわせるのが困難で、目の前に落下するか、猛烈にスイングして上や左にすっ飛んでいってしまいます。
その上、スライド裏側のネジをマイナスドライバーで回さなければならず、非常に手間がかかります。こういう細部の操作性の悪さは、もう少しメーカー側に気を使って欲しいところです。




とことで、結論としては、自衛隊好きなら“買い”ですね。ただし、あくまでコレクション・アイテムとして。
サバゲー・ウェポンとしてはあんまりな性能なんで、そこらへんはマルイのP226辺りで妥協しておいた方が楽しく戦えそうです。

いっそモデルガンという手もあるな・・・(w





  

Posted by らんたろー at 19:00Comments(7)トイガン:ガスBLK

2009年04月28日

十四年式拳銃・前期型 (マルシン・ガスBLK)



☆十四年式拳銃・前期型





今回は、私的ランキングで1、2を争う満足度だったマルシンのガスブローバック版、南部十四年式・前期型をリポートしたいと思います。
このガスブロ版、先に発売された固定ガスバージョンが、外見はともかく射撃性能面で、かなりガッカリさせられる代物だったのと比べると、前作での不満点にしっかり対応してあり、満足度の高い製品になっています。

私が購入したのは初回ロット、前期型を選択したのは特別な理由があったわけではなく、単に固定ガスのときに後期型を購入したので、今度は前期型にしようと、それだけの思いつきです。(予算に余裕があれば、後期型も欲しいんですけどね・・・)










☆肉厚銃身…。

固定ガス版から、外見はよく再現されています。8㎜仕様のため、実銃に比べるとアウターバレルが太めで、「ブルバレル・ナンブ」といった趣なのですが、気にしなければ許容できる太さという事で。










☆初回生産分ハ木製握杷ガ標準装備也。

初回特典として、木製グリップが標準装備されていますが、質感が何だかプラスチックみたいで残念な出来です。
強度的に多少不安の残る部分でもあります。(素材感と相まって連想されるのは洗濯板・・・くっ!)










☆安全装置ハ金属製也。

ガスBLK版で改善された点で、私が最も評価しているのがこのセーフティです。
固定ガス版では構造上フレームに傷がつくのを防ぐ為か、あまりにも緩すぎて安全装置の用を為していませんでした。
その点、ガスブローバック版ではクリックが効いておりしっかり固定されるので安心です。
結果的にフレームに擦れ溝が付いてしまいますが、実銃でも溝掘られてますから、リアルで結構。










☆円筒若シクハ遊底。

私的に前期型の一番の魅力は、このコッキングピース後端のエングレーブ処理です。
この段々に並んだ感じと外周に彫られた格子溝が芸コマですね。
後期型では単なる円柱と化してしまい、色気がなくてよくありません。
達磨型用心鉄は好きなんですケドね。










☆薬室周辺ヲ上方拠リ覗ク。

チャンバーを上から覗くと、ブローバックメカがぎっしり詰まっている様子が見て取れます。
エキストラクターはモールドで表現されていますが、立体感に乏しくあまりリアルとはいえません。










☆弾倉表面ハ固定瓦斯版ト同様、銀鍍金処理也。

実銃では前期型はニッケルメッキでしたから、イメージを良く再現しているのではないでしょうか。
固定ガス版と比べると、給弾リップの形状が全く異なりますので、両者を取り違える事はまず無いです。
私の購入した初回ロットは、どうもこのリップ部分に難があったようで、給弾不良を頻発しやがったので程なく修理に出すハメに・・・orz












☆十四年式拳銃嚢

日本陸海軍で使用された十四年式拳銃用ホルスターです。
原型はフランス軍のピストルホルスターで、写真で見る限り、外見は殆ど同じです。
同時代の他国のホルスター同様、出し入れの容易さよりも、拳銃の紛失や破損防止を前提としたデザインなので、やたら頑丈ですが、その分無駄にかさばるように感じます。
使ってみて実感しましたが、素早い抜き差しには全く向いていません。
但し、総革製だけに、質感は最高に良いです。
型押しした革製の本体は、保革油で磨けば磨くほど輝きを増し、手入するほど愛着が沸くという物。
暇を見つけてはツルペタもとい、ツルピカに磨きあげては(´Д`;)ハァハァしております(w










☆快調ナル射撃ノ模様。

作動はなかなか良好で、軽い反動でキビキビ動きます。
撃ち味は、マルゼンのワルサーPPK/Sに酷似しています。
実銃でも8㎜南部弾は丁度32ACPと同等の威力ですし、中型ガスガン並みの反動というのは、実銃のイメージ通りで、なかなかリアルなんじゃないかなと思います。

射撃性能は並というところ。
ゲームウェポンとしては、一番ネックとなりそうなのが装弾数。
実銃同様、1弾倉につき8発装弾。サバイバルゲーム用としては少ないですね。
ただ、8㎜仕様の製品の中ではかなり完成度は高いと思います。
今までに発売された製品群と比べると、快調に作動して並の性能を持っているだけで言う事無し!というのが本音です。

これで、6㎜仕様で装弾数が15発位あれば最高なんですが、それはいわない約束でしょうね・・・。
ともかくも、数少ない弾の出る日本軍兵器として、末永く重宝させてもらう予定です。(歩兵銃は高くて買えんのです…泣)
  

Posted by らんたろー at 20:26Comments(5)トイガン:ガスBLK