2018年06月16日

GATE ~自衛隊彼の地にて、斯く戦えり~ 陸上自衛隊 特地派遣部隊スタイル







☆GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり・特地行動報告書 (アニメ解説本)


2015年~2016年に、分割2クール放映されたアニメ「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」

ミリタリー描写にこだわりを感じる名作異世界ファンタジーアニメで、私は放送1話目からいきなりドハマりしました。







☆GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり (漫画版)


友人から漫画版の存在を聞くや、最新刊まで購入、一気に読破!







☆GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり (小説)


そして物語の続きが知りたくて、原作小説を外伝含め全巻購入・読破するまであっという間でした。







☆陸上自衛隊 特地派遣方面隊 個人装備


アニメ放映中にムック本が発売されたので迷わず購入しましたが、掲載されているアニメ版の伊丹二尉の設定イラストを見て、あまりの格好良さに“GATE自衛隊”装備を揃えてみました。







☆アニメ版・設定画


原作では個人装備の描写はほんのわずかで、漫画版とアニメ版ではいろいろ異なりますが、アニメ版設定資料を基本にしつつ、我流アレンジでやってみます。






☆陸上自衛隊・迷彩服3型


装備を組むに当たってのコンセプトは、「新規調達は必要最小限に抑える。」

既に所有している装備品を活用し、新規購入はどうしても必要な物のみで揃えてみました。







☆イタリカ救援作戦記念ワッペン


既に当ブログでも紹介したワッペンです。

何が無くともGATE自衛隊を象徴する一番のアイコンです。

ある意味、このアイテムを入手出来た事で装備をそろえる事に決めた、と言っても過言ではありません!






☆ペン差しベルクロへの貼付状況


ペン差しのベルクロに貼り付けて、「聖下と共にあらんことを」との祈りと共に戦場(フィールド)へと赴きます。






☆防弾チョッキ2型


アニメ設定では、特地派遣方面隊では防弾チョッキ2型を使用、装備品はチョッキのパルステープに直接取り付けている為、独自アレンジを加えつつ再現してみました。






☆けん銃弾のう


特地派遣自衛隊員は各自、小銃に加えてけん銃も所持している為、9㎜ハンドガン対応のマガジンポーチを装着しました。

官品仕様だとガスガンのマガジンが入らないので、サバゲー向けにアレンジしております。







☆64式小銃用弾のう


64式小銃の調達にあわせて、新たに弾のうを購入しました。

旧型装備のODビニロン製は手元にあるのですが、2型迷彩は初購入です。

幸い、現在でもPX品が製造されており入手は容易でした。






☆携帯ショベル&水筒


背面には携帯ショベルと水筒を装着しました。

アニメ版設定では、更に無線機も装備していますが、調達の目処が立たないのと金額がかさむ為、装備しておりません。

どうせサバゲーでは飾りにしかならないし… (と言い訳しておくw)






☆64式7.62㎜小銃


既にブログにて紹介した、S&T製・電動ガンの64式小銃です。

内部メカボ調整済みで、外装もリペイントにより実に良い風合いに仕上がっています。







☆戦人製クイックリリース式3点スリング


特地派遣自衛隊は旧式の64式小銃を装備しつつも、その運用は現用装備らしいタクティカルな物となっており、新たに3点スリングを調達。

購入したのは自衛隊装備ではお馴染みのブランド「戦人」の、{クイックリリース式3点スリング」です。








☆3点スリング・取り付け状況


スリングベルトは両端がそれぞれナスカンフックとパラコードで出来ており、64式小銃にも問題なく装着出来ました。






☆HATCHタイプ・ニーパッド


特地派遣自衛隊員は漫画版・アニメ版ともにニーパッドを標準装備している為、アニメ版設定を参考にHATCHタイプのレプリカ品を購入しました。

使い慣れないせいか、膝撃ち姿勢ではパッドのストラップが膝裏に食い込んで痛いのが気になりました。

ただ、膝の保護能力は中々の物で、砂利道や地面の舗装された場所でのゲームには必要不可欠だと感じました。






☆弾帯・基本装備一式


なんだかんだで結構な出費にはなりましたが、基本装備は既に所有済みだったので、順調に装備一式を揃える事が出来ました。

本来ならば、テッパチにはナイトビジョン用アタッチメント、顎紐も現用最新型が妥当なのでしょうが、そこは予算と好み優先であえてスルー。






☆ブラックホークタイプ・レッグホルスター&64式銃剣


レッグホルスターも自衛隊ならサファリランドがベターなのですが、手持ちの装備を活用しようということで、こうなりました。

今後追加するとすれば、「特地派遣・3偵」の刺繍名札も欲しいところです。






☆特地派遣方面隊装備・正面







☆特地派遣方面隊装備・背面


装備一式を着装してみました。

主に防弾チョッキがかさばるので、体感ではかなりの重装備感があります。






☆64式小銃・立射姿勢


私の所有している64式小銃は初期ロットの為、ストックがまっすぐで頬付けが困難です。

画像では見た目重視で無理していますが、実用時には“首をかしげる”ようなスタイルになります。(一応、狙うことはできます)






☆想定9㎜けん銃・立射姿勢


小銃を正面に保持した状態で、ハンドガンにスイッチングしての立射です。

ハンドガンは「“想定”9㎜けん銃」という言い訳で、東京マルイ製ガスガンの「SIG P226」を使用。

コイル式のピストル・ランヤードを装着し、脱落防止としております。






☆64式小銃・膝射姿勢


サバゲーで多様する膝射姿勢です。

64式小銃の照準器はなかなかに出来が良く、精度の高い射撃が可能です。






☆64式小銃・着剣射撃


GATEでは、しばしば着剣シーンが描写されています。

64式銃剣は同時期の各国銃剣と比べても特に長めに出来ており、着剣時の迫力は格別です。






☆64式小銃・着剣腰溜め射撃


アニメ作中、栗林二曹が銃剣による刺突直後に発砲するシーンがイタリカ救援作戦で見られます。

私が特に好きな「栗林無双」シーンです。







☆銃剣格闘姿勢


使用している銃剣は、WINDLASS製のモデル刀剣で、刃は真鍮製です。

造形や塗装は決してほめられた物ではありませんが、金属製なので頑丈なのと、重量のおかげで自然な吊り下がり具合が再現出来るので、他にかえられないアイテムです。






☆3点スリング・ロック状態


特地派遣方面隊では、部隊統制により官品とは異なるスリングが使用されています。






☆3点スリング・ロック解除


原作では特に描写はありませんでしたが、漫画版では3点スリング他様々、アニメ版では作画の都合も考慮してか、バンジースリングが使われていました。






☆3点スリング・使用状況


私は漫画版にならい、3点スリングを使用しました。

戦人製のこのスリングは、クイックリリース機能をバックルではなく、ちょっと特殊な作りでより使いやすくした改良版です。






☆ロック解除手順。







☆ロック部分のスリング端(タブ状になっている)を引っ張る。







☆引き切るとロックが外れる。







☆スリングが伸びる。







☆スリングが伸びた、射撃時の状態。







☆ロックする手順。スリングのDリングを持つ。







☆そのまま銃口側に押し進める。







☆先端まで押し進めたら、Dリングと一緒に先端のタブを持つ。







☆Dリングとタブを持ったまま、少し引くとロックされる。







☆スリングがロックされ、保持状態となる。


文章で説明するとなかなか伝わりにくいですが(説明書も判りにくかった)、一旦コツを掴めば、従来のリリースバックル式よりも円滑に操作出来る便利なアイテムです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:自衛隊

2018年06月09日

リペイントカスタムを頼んでみた件 ~ 陸上自衛隊 64式7.62㎜小銃 (個人カスタム)






前回、S&T製64式小銃の紹介を行いましたが、もとも「64式小銃リペイントカスタム」を依頼するつもりで購入したので、作動確認後速やかに依頼発送しました。

依頼したのは個人でカスタム施工をなさっている方で、ネットから問い合わせした次第です。






カスタムは再塗装のみならず、メカボックスの調整や各部の加工によるクオリティアップも含めた物で、中華電動ガンを国産品レベルの性能にチューニングして頂けました。

リペイントや内部調整の途中経過も逐次連絡を頂け、安心と信頼の施工主様でありました。







「消炎制退器」は開口部を、実銃に近い形状へと切削加工されています。






箱出しでは単なるワッシャだった「皿型座金」も、立体感のある物へと換装されており、個人的感激ポイントの一つです。







「脚」基部周辺も、切削加工・分解調整・リペイントが各所に施され、リアリティと操作性が格段に向上しております。






リペイントには模型用ウェザリングカラーを使用したとの事で、焼け塗装やパーツごとに色味を変化させることで情報量が増しているのが判ります。







「脚」は箱出しだとブラブラして頼りない感じでしたが、調整により「下部被筒」にぴったり密着するようになりました。

ここは操作感がカッチリして非常に気持ちの良い点です。







「銃主部」および「引金室部」は上下パーツで色味にはっきりと差をつけて欲しいと特にお願いしていた点です。

自分の中の“カッコイイ64式”のイメージであり、しっかり再現して頂きました。






リアルウッド製の「握把」&「銃床」も、家具のようなベタ塗り塗装から、使用感のある仕上げへとリペイントして頂きました。







「引金室部」も汚し塗装とダメージ加工により、立体感を強調してあります。






「引金室部」刻印にもホワイトが入っています。

細部への心遣いに感謝です。








「引金室部」は、箱出しでは単に回転するのみでしたが、施工により実銃同様、引っ張って回す構造が再現されています。

ここも個人的感激ポイントです。

現在流通しているロットでは最初から再現されていますが、初期ロット所有者にとってはありがたい施工です。







「スライド」を引くと、中にHOPダイヤルがありますが、HOPの掛かる方向が一見してわからないため、特にリクエストしてHOP方向を示す矢印を書きこんでもらいました。







サバゲーにも投入しましたが、見た目のリアル感は勿論、可動部の操作感は素晴らしいの一言、実射性能も国産品と遜色なく、狙った所に綺麗に着弾するので頼もしい限りです。










追加で、「WINDRASS製 64式銃剣」もリペイントをして頂きました。

黒色ベタ塗りの箱出し状態と比べると、各部塗りわけにより見た目もレベルUP、腰に提げる際の満足感もUPしました。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)トイガン:電動ガン

2018年06月03日

陸上自衛隊 64式7.62㎜小銃 (S&T製・電動ガン)







今回取り上げるトイガンは、S&T製 電動ガン「64式7.62㎜小銃」です。






発売当初は「TOP製以来の64式小銃のトイガン化!」と話題になりつつも、完成度は決して高いものではなく、落胆の声の多い一品でありました。






現在流通しているロットでは各部の改良により不満点もかなり解消されていますが、当方所有の個体は2015年に購入したもので、改良前の「残念仕様」です。






外箱はS&T製品ではなじみのある、上蓋一体式の箱です。

隅に中身を示すシールが貼られています。






内部は独特の質感の発泡素材でしっかり梱包されています。

これもS&T標準仕様ですね。








緩衝材でかたどられているため、運搬・保存時にも安定感があります。

反面、処分の際には分別が面倒と感じる方もいるでしょうね。






マガジンはゼンマイ多弾式1本が付属しています。






付属の取り扱い説明書です。






取説は四つ折りの1枚紙ですが、カラーで説明も丁寧で判りやすいほうです。

海外製、特に大陸中国のものは取説が判読困難だったり、取説自体が付属しない物もざらなので日本語表記があるだけでも良心的に思えます・・・w







64式小銃の外観です。
一見して目に付くのはマガジンの挿入角度ですね。

本来はやや傾いているものですが、ほぼ垂直に挿さっており、印象に違和感を覚える一因となっています。

この点だけは、現行ロットでも改修はされていないようです。






消炎制退器および銃剣留め付近です。

外観はそつなく再現されており、大きな違和感は感じませんが、銃口を覗くと肉厚がかなり薄く感じられるのが気になります。

消炎制退器は国内メーカーからカスタムパーツがリリースされているので、換装するとリアリティがぐっとUPしますが、結構良いお値段なので私は今のところ現状維持です。








二脚は実銃同様に展開できます。

基部の回転機構は、最初期ロットは円柱だったそうですが、私の購入個体は第3ロットだったようで、ローラー式に改良されています。

聞くところによると、固定リングはTOP製よりも実銃に近いそうです。

ちなみにここでも残念ポイントがひとつ。

実銃では蛇腹に見える皿型座金は、立体感のない単なるワッシャが噛ませてあるだけです。






二脚の接地部分も立体的に再現されています。

梱包時のスポンジを外すと、遠からずヒトウの塗装に傷がつきますが、仕様なのであきらめましょう。

また、二脚は収納状態でも画像くらいの遊びがあり、ヒトウにぴったりとはくっつきません。

これは残念ポイントだと思います。







照星は実銃同様の可倒式です。

不用意に倒れるのも実銃同様です・・・w






機関部を上から見たところです。

フレームの厚みや全体の外観は悪くないと思います。







ボルトは画像にあるところまで引くことができ、HOP調節が可能です。

HOPはドラム調節タイプです。







照門は実銃同様の可倒式です。

各ダイヤルはライブで、上下左右の調節が可能です。






実際の照準視点を模してみました。

アイアンサイトの使用感は上々です。

現行ロットでは照門が傾いている個体が大半との話も聞きますが、この初期ロットではまっすぐ見えるようです。

ただし、別の理由で照準が困難なのですが・・・。






セレクター「安全」状態。






セレクター「単発」状態。






セレクター「連発」状態。

実銃ではセレクターを引っ張って回す独特の動作が必要ですが、トイガンでは単に回すだけ。

非常に残念な点ですが、現在流通している新型ロットでは改良されて実銃と同じ動作になっています。






レシーバーとマガジンの形状。

マガジンの挿入角度が、実銃では若干斜めになっているところ、トイガンではほぼ直角で、ここもだいぶ印象が変わってしまい残念な点です。






グリップはモーターが入る関係で、ぶっといです。

実銃の薄さと比べると完全に別物ですが、電動ガンの構造上致し方なし、でしょう。






ストックはコピー元であろうTOP製と同じまっすぐな形状で、実銃のくびれが再現されておらず、外見の違和感は勿論、構えた際に頬を載せる場所がないため、正しい照準ができません。

(頭をかなり傾けないと狙えない)

現在の流通ロットでは、くびれが再現されているようです。






バットストックには肩当があり、実銃同様、可動式になっています。






肩当を展開すると実銃では付属品収納ケースとなる位置に蓋があり、バッテリー収納スペースになっています。






蓋は樹脂製で、両側のつめを押して外すのですが、テンションがキツイのと作りのせいか、非常に外しづらいです。

(下手すると爪が割れます…汗)






コネクターはミニバッテリー仕様で、収納スペース的にもミニSバッテリーがやっと入る程度。









付属のマガジンは500連多弾マガジンです。

外見は一通り実銃に準じた再現度で、特に不満なく妥当な作りです。





以上、概略説明してまいりましたが、私は購入後、写真撮影と作動確認後は、すぐにリペイントおよび内部調整カスタムをされている方に依頼しました。

カスタム後の64式小銃については、また後日ブログに上げる予定です。




  

Posted by らんたろー at 09:00Comments(2)トイガン:電動ガン

2018年05月26日

アメリカ陸軍 M17A2ガスマスクバッグ (実物放出品)







アメリカ陸軍の「M17A2ガスマスクケース」です。
画像の物は実物中古放出品です。






アメリカ陸軍では、1960年代にM17ガスマスクが採用され、以後はA1、A2と改良されながら使用され続けました。
1990年の湾岸戦争で不具合が発見されて後は、M40ガスマスクへの更新が進められ、2009年からはM50ガスマスクが採用されています。






ガスマスクケース自体の形状はM17以来ほぼ変更は無く、表示されている名称で区別できます。
本品は「M17A2フィールド・バイオロジカル・ケミカルマスク」の表示が確認できます。






メイン・ストラップは基本は腰から太股にかけて下げるために使う物で、幅の広いナイロン製です。






こちらの幅の細いストラップは足に回して固定する為のものです。
アメリカンサイズのためか、私の場合、最短まで調節してもすこし緩いです。






ガスマスクケースの収納部です。
蓋は2箇所のスナップボタンで留める方式です。






内部はガスマスク本体を丁度収納できる容積になっています。






内部には付属品を収納する為のポケットがあります。






蓋のちょうど反対側には、サイドポケットと小さめのポーチがあり、ここにも規定の付属品を収納します。






サイドポケットはドットボタンで留められています。






サイドポケットを開けた状態です。
収納スペースはかなり狭いです。






小ポケットの蓋はドットボタン2個で閉じられています。







各ポケットに収納する物については、知識不足で分りません。
私は、着装する際は適当な詰め物を入れたり、フルフェイス型ゴーグルの収納に利用したりしています。







実際に着用した状態です。
これは基本となるレッグ・キャリーで、この上から装備ベルト&サスペンダーを装着します。







こちらはガスマスクのみ携行する際の装着位置、ショルダー・キャリーです。
教本には図示がありますが、実際の着用例はあまり見られません。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年05月19日

アメリカ軍 ポンチョ&ポンチョライナー (実物放出品)







アメリカ陸軍の簡易雨具、通称「ポンチョ」です。
画像の物は実物放出品です。
中古品ですが、穴空きや裂け等は無く、十分実用できる状態です。






フード部分は独立して成型してあるのが同時期のドイツやソ連との違いですね。
使いやすさ重視の、アメリカらしいつくりです。






ポンチョの端面には大きい鳩目が設けてあり、複数枚組み合わせる事で個人用天幕(簡易テント)を作る事もできます。






着用するとこんな感じです。
画像の物はベトナム戦争初期~中期に使用されたタイプで、厚手のゴム引き布製です。
ポンチョ両端はドットボタンで留めてあり、防水効果を高めています。






ゴム引き布製は厚手で丈夫な一方、通気性はほぼ無きに等しく、ベトナムの過酷な気候では不評だった為、やがて薄手のナイロン製に更新されていきました。






雨避けフードは大型で、余裕のある造りです。
襟元は紐で絞る事もできます。






野戦での雨天装備状況です。
ポンチョは大きいので全身くまなく覆う事が出来ます。






ポンチョの両端はドットボタンで留めてあるので、ちょうど筒袖のように扱えます。
画像のように銃を肩に下げても、極力隙間が生じないよう配慮されています。






M16A1構えてみました。
このまま射撃姿勢への移行も問題なく行えます。






背面は内側の装備品でこんもりしていますが、この姿がいかにもベトナム戦争らしいです。






こちらはポンチョライナーです。
画像の物は実物放出品です。






ベトナム戦争当時のものは、リーフ迷彩柄で作られていました。
素材はナイロンで、中にポリウレタン綿がつめてあり、キルティング加工してあります。






ポンチョライナーは薄くて軽い毛布のような物で、ポンチョと組み合わせる事で簡易寝袋を作る為の装備品です。






画像のように、ポンチョの上にポンチョライナーを重ねます。






ポンチョライナーについている紐をポンチョの鳩目に結び付けていきます。






全体を二つ折りにして紐で固定したら袋状になるので、これで簡易寝袋の完成です。






画像のような感じで外でも快適に(?)眠る事が出来ます。
できれば、ベトナム戦争当時支給されていた、エアマットレスを敷くのが望ましいですね。






こちらはポンチョキャリアです。
通常、ポンチョライナーをポンチョで包んでロール状に折り畳み、このストラップで纏めます。






キャリアを組んだ状態です。
左側の二つのストラップを、装備サスペンダーに通して背中に背負います。






裏にはポンチョキャリア単体でも持ち運べるよう、持ち手が設けられています。






ポンチョライナーを装備した、1965年頃のアメリカ陸軍第25歩兵師団の下士官です。






ポンチョライナーは背中に位置しています。






薄いとはいえポンチョとポンチョライナーを重ねると結構かさばります。






ポンチョキャリアのストラップは、H型サスペンダーの正面金具に通し、折り返して背負います。
アメリカ軍には就寝用のシュラフ(寝袋)が装備品として存在しますが、ベトナムでは気候柄、ポンチョとライナーの組み合わせで済ませる事が多かったようです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年05月12日

アメリカ陸軍 M1951 エントレンチングツール (実物放出品)








アメリカ陸軍および海兵隊が、ベトナム戦争で使用していた「M1951エントレンチングツール」です。
画像の物は実物中古放出品です。








この携帯ショベルは、第二次世界大戦中に採用されたM1943エントレンチングツールの後継で、基本形状はあまり変化ありませんが、ツルハシ機能が追加されています。







ショベルと柄は折り畳み式で、画像のパーツを所定の角度で締め込み固定することで、ショベルとしても、クワとしても、ツルハシとしても使える万能型です。






柄は木製で、先端には紐を通せる穴があけてあります。







ショベル先端は丸みを帯びた形状です。






ブレードには刻印があり、1965年製とわかります。







ショベルを折り畳んだ状態です。
携行時にはこの状態でケースに収納します。








折り畳んだショベル先端部です。






エントレンチングツール・ケースはショベルの形状変化に伴い、各種の改修が加えられています。






内部は革で補強されています。







収納は結構タイトで、力いっぱい突っ込まないと蓋のドットボタンが留められません。







旧型のM1942と比べると、ツルハシ追加分の収納容積追加に加え、装着方法をスライドキーパー式に変更した他、(恐らくはドイツ軍装備にならって)銃剣取り付け具が追加されています。







M7バヨネット&M8スカバードを装備した状態です。
規定ではこの状態でピストルベルトに装着し、腰に装備する事になっていましたが、ショベルの重量が腰への負担となり、実際に装備してみると、かなり辛い物があります。







塹壕堀り風に撮ってみました。
装備は1965年ベトナム派兵当時のOG107ユーティリティと白色Tシャツの組み合わせです。
後の三つ折タイプ・ショベルと比べると柄が長く重量がある分、こちらのほうが実用性は高いです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(2)装備:アメリカ軍

2018年05月05日

アメリカ陸軍 M1956 コンパス/ファーストエイドポーチ (実物放出品)







アメリカ陸軍のM1956装備のひとつ、「コンパス/ファーストエイドポーチ」です。
画像の物は実物中古放出品です。






この装備は従来のファーストエイドポーチにかわって採用された物で、包帯もしくは軍用コンパスを収納する為に使われます。






画像はパッキングされた軍用包帯を収納した状態です。






包帯とコンパス、どちらも収納できるデザインです。






コンパスポーチをH型サスペンダーに装着した状態です。
通常、コンパスを収納した際にはサスペンダーに、包帯を収納した際にはピストルベルトに装着する事と規定されていたそうです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年04月28日

アメリカ陸軍 M1961 フィールドパック (実物放出品)







アメリカ陸軍がベトナム戦争当時に使用していた「M1961フィールドパック」です。
画像の物は実物中古放出品です。








M1961フィールドパックは、M1956フィールドパックの容量不足等の問題点を改良したモデルで、ベトナム戦争当時に主要装備として用いられました。







基本形状はM1956と同様ですが、蓋が大型化され、容積も若干増しています。






下部のストラップも同様にポンチョ等を縛着出来ます。






蓋の付け根中央には画像のようにスリットがあり、下部ストラップを使用しないときはここに収納します。






下部ストラップの収納状態です。






M1961フィールドパックで一番の改良点は、パック内側に追加された防水ビニールカバーです。






使用時には防水カバーを引っ張り出します。






中に携行品を収納します。






その後、ビニールの先端を折り畳み、くるくると巻き込んでいきます。






防水ビニールを巻き込んだ状態です。
このあと蓋を閉じて携行します。






防水機能を考慮した構造ですが、簡易的なもので、画像のように内部には防水機能はなく、あくまで小雨時に蓋の隙間からの浸水を防ぐ程度の機能と言えそうです。






ピストルベルトに連結した状態です。
M1961フィールドパックはベトナム戦争中期にはアメリカ海兵隊にも採用され、使い勝手の良さからナイロン製の「M1967フィールドパック」も採用された他、ALICE装備の時代には制式から外されたものの、「アスパック」等の名称で愛用され続けました。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年04月21日

アメリカ陸軍 M1956 フィールドパック (実物放出品)







ベトナム戦争当時の主要装備M1956装備のひとつ、「M1956フィールドパック」です。
画像の物は実物中古放出品です。






M1956フィールドパックはいわゆる雑嚢として用いられる物で、通常はピストルベルトの背面中央に装着されます。
蓋を閉じるストラップの他、下部のストラップでロールしたポンチョ等を携行出来る、機能性の高い装備品です。






側面にはスライドキーパーを通せるループ、蓋にはダブルフックワイヤー用鳩目があります。






M1956フィールドパック・正面です。






M1956フィールドパック・左側面です。






M1956フィールドパック・右側面です。






center>
M1956フィールドパック・背面です。
下部ストラップを使用しない際は、画像のように蓋の付け根中央にあるスリットを通して内部に収納して携行します。







蓋の上面には名札入れとキャリングハンドルがあります。
上部2箇所の鳩目は、サスペンダーの金具を連結する為の物です。






フィールドパックはキャリングハンドルで持ち運べます。
また、専用のストラップを連結すれば、ショルダーバッグとしても使えます。






底部の形状はほぼ長方形です。








蓋を開けると側面のタブ状の内蓋があります。






ピストルベルトに連結した状態です。
アメリカ軍の構想としては、戦闘時には必要最小限の携行品をこのフィールドパックの容積でまかなえるとの考えでしたが、実際に使用してみると容量が少なすぎたようで、間もなく改良型の「M1961フィールドパック」が採用され、ベトナム戦争中はもっぱらM1961タイプのほうが主流でした。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年04月14日

アメリカ陸軍 M1956 ピストルベルト (実物放出品)








アメリカ陸軍の「M1956ピストルベルト」です。
画像の物は実物中古品です。






M1956ピストルベルトは、従来のM1936ピストルベルトにかわって採用された装備です。






大きな違いとして、ベルトの調節金具が両端二箇所に増えた他、ピストル以外にもマガジンポーチなどの各種装備のベースとして使用する為、ピストルマガジンポーチ用ドットボタンが廃止されています。






また、バックルも基本構造は変わらず、装着しやすいよう形状が変更されています。






一方、こちらはベトナム戦争中に開発されたバリエーションのひとつ、「デイビス・バックル」タイプです。






デイビス・バックルはのちのクイックリリースバックルのさきがけのような装備で、通常のピストルベルトより着脱が容易な構造となっています。






バックルは、両方をクロスさせるようにして固定します。






クロスした状態でテンションがかかっていれば固定され、バックルの出っ張り部分を引っ張ると軽い力でリリースされます。






通常のM1956ピストルベルトと並べてみました。
バックル以外は同じ形状です。






実際に戦場に投入されたデイビス・バックルですが、不意に外れやすい等の問題が不評で、少数の採用にとどまりました。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年04月07日

通称ベースボールキャップ ~ アメリカ陸軍 ユーティリティキャップ (実物放出品)







アメリカ陸軍のユーティリティキャップです。
画像の物は実物未使用新品です。






ユーティリティキャップは、その外見からベースボールキャップとも呼ばれています。
採用は1962年頃からで、OG-107ユーティリティやジャングルファティーグと組み合わせて使用されました。






ベトナム戦争でも着用されていましたが、戦場馴れした兵士にはもっぱらブーニーハットのほうが好まれたようです。
また、南ベトナム国内で作られたローカルメイド品も愛用されました。
つばの長さや帽体の形等、兵士の好みに合わせてオーダー出来たそうです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年03月31日

アメリカ軍 M18A1クレイモアバッグ (実物放出品)







アメリカ軍のM18A1クレイモアバッグです。
画像の物はデッドストック実物放出品です。






M18A1クレイモアはその威力と携行のしやすさから、ベトナム戦争で多用されました。
その運搬用に支給されたクレイモアバッグは、重装備で戦うベトナム戦争当時のアメリカ兵を演出するには必須の装備品といえます。






基本的にバンダリアのように使い捨て前提で作られているようで、素材もそれなりの強度を維持できる程度に薄手の物で、縫製も簡素です。






クレイモアバッグは使い勝手が良く、ベトナム戦争ではクレイモア使用後の空のバッグを、予備弾薬やグレネードの運搬等、便利な雑嚢として活用していました。
私も、NAM戦装備でのサバイバルゲーム参加の際には、ダンプポーチとして活用しています。






クレイモアバッグの蓋の裏側には、取扱説明書があります。
説明書は防水性の紙で出来ており、糸で縫いつけられています。






展開してみると、イラストを取り混ぜ簡潔明瞭に操作方法が記載されています。
クレイモア使用後に雑嚢として使う際には、この説明書部分は切り取ってしまう事が多かったようです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年03月24日

アメリカ陸軍 M16A1 20連マガジン用ポーチ (実物放出品)









ベトナム戦争当時、アメリカ陸軍で使用された「スモール・アムニッション・ポーチ・M16A1」です。
画像の物は実物中古放出品です。







M1956装備にはユニバーサルアムニッションポーチがあり、汎用性から主力として使われていましたが、M16A1採用に伴い、サイズを最適化したこのポーチがM16A1専用として新たに採用されました。







ポーチ側面には手榴弾を装着出来ます。







ユニバーサルポーチと比べると、M16A1用20連マガジン用のため全長が短くコンパクトになっています。






蓋の内側には正式名称等の諸説明が記されています。
この個体は比較的保存状態が良く、記入内容もしっかり読めます。







ポーチにはM16A1用20連マガジンを4本収納出来ます。
実銃では問題なく収納出来ますが、東京マルイ製電動ガン用マガジン(および同種の海外製品)は若干厚みがあるため、4本収納は困難です。
M16A1用マガジンポーチはベトナム戦争中に完全更新はされず、ユニバーサルポーチと混用されていました。
数量的にはユニバーサルポーチのほうが多用されたので、M16A1用ポーチは市場流通量が少なく、価格も高めです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年03月17日

アメリカ陸軍 M1956 ユニバーサルアムニッションポーチ (実物放出品)







アメリカ陸軍のM1956装備のひとつ、「M1956ユニバーサルアムニッションポーチ」です。
このポーチはベトナム戦争で使用された主力装備です。
画像の物は実物中古放出品です。






正式名称は「ユニバーサル・スモールアームズ・アムニッションポーチ」ですが、長いので「ユニバーサル・アムニッションポーチ」とされるのが一般的。
また、「ユニバーサル・アーモポーチ」や、単純に「M14/M16用マガジンポーチ」と呼ばれる事も多いです。(要は意味が通じれば良し、という事ですね)






日本語に訳すと「汎用小火器弾薬嚢」となるように、1950年代末までにアメリカ陸軍に採用されたほぼ全ての自動火器の弾薬が携行できるサイズに設計されていました。
よって、M14用マガジンは当然として、他にもM1ガーランド用8連クリップ、M1カービン用15連マガジン、BAR用20連マガジン等が収納できます。
装備への連結にはスライドキーパーでピストルベルトに連結したあと、上部ストラップをサスペンダーのDリングに連結し、テンションを調節します。






1960年代の小銃用弾倉嚢としては、他にアメリカ海兵隊に採用された、M14小銃のマガジンを1本収納できる「M1961アムニッションケース」、M16突撃銃専用に採用された「スモールアームズ・アムニッションポーチ・M16A1」等があります。









蓋はクイックリリース式になっています。
実際に使ってみると開け閉めは楽で、よく出来た装備だと思います。
構造的にはイギリス軍の装備品の作りを参考にした物と思われます。
ユニバーサル・アムニッションポーチには初期型と後期型があり、私が所有しているのは後期型です。
違いとしては、初期型はポーチ前面・側面に補強用のインサート・プレートが入れてあり、蓋留めフックにボタンがある点。
後期型ではインサートを背面のみに配置し、蓋留めフックのボタンを廃止してあります。
インサートは生産コスト削減の為、フックのボタンは運用上、蛇足に過ぎた物と思われます。







ポーチ側面には手榴弾を装着出来ます。






ベトナム戦争当時にはM26A1ハンドグレネードが主力でした。
画像ではサンプロジェクト製のプラ製レプリカ品を装着しています。






両端にハンドグレネードを装着した状態です。
マガジンポーチは通常2個装備されるため、兵士一人当たり4個の手榴弾を常に携行出来るわけで、良く出来た装備だと思います。






蓋を開けると収納部の深さが分ります。






汎用型として設計されているため、前述の通り様々な弾薬を携行できますが、基本的にはM14自動小銃のマガジンを2個収納出来ます。






M16A1アサルトライフル・マガジンの場合は縦に4本収納可能ですが、電動ガン用マガジンは実銃より厚みがあり、3個収納が限界のようです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年03月10日

日本の伝統芸 ~ 日本陸軍 身体擬装網 (複製品)







日本陸軍の身体擬装網です。
本品は複数ある擬装網のバリエーションの内、濃緑色のタイプを再現した精巧複製品になります。






身体擬装網は草木を括りつけて迷彩効果を高める為に、鉄帽用擬装網と共に活用されました。
画像は四つ折にした状態です。






使わない時は丸めて背嚢に縛着したり、細長く纏めたものをたすきがけにして携行していました。






身体擬装網を装着し、草木で擬装を完了した状態の正面です。
正方形の擬装網は、背中に羽織ったあとに対角線上を結び、ちょうど風呂敷を包む要領で着装します。






身体擬装網を装着し、草木で擬装を完了した状態の背面です。
画像では軽装備ですが、擬装網は大きいため、背嚢を背負った上から羽織ったほうが具合が良いようです。






身体擬装網・立射姿です。
草むらに身を隠してしまえば、かなりの迷彩効果を発揮できそうです。






身体擬装網・膝射姿勢です。
擬装は戦地の植生に合わせる事が重要です。






背中側にも草木を括りつけています。
伏射姿勢ならなお効果が高いでしょう。






身体擬装網はアンブッシュには適していますが、一方で激しい動きをすると網が肩からずり落ちたり、付近の枝に引っかかったり、括りつけた草木が脱落してしまいます。
実際にサバイバルゲームで使用してみて痛感しました。






匍匐前進の姿勢です。
身体擬装網への草木の縛着は、自分ひとりでは到底出来ず、この画像撮影時にも、戦友に手伝ってもらいました。






匍匐前進中の姿を背後から。
自衛隊も含め、日本の軍隊には草木擬装と匍匐前進が良く似合いますね。






密林から身を乗り出し、手榴弾を投擲せんとする帝国陸軍兵士。
身体擬装網を使いこなすには、まだまだ鍛錬が必要なようです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:日本軍

2018年03月03日

日本陸軍 昭五式編上靴 (中田商店製・複製品)







日本陸軍の下士官兵用編上靴です。
本品は中田商店で販売されている昭五式編上靴の複製品です。






編上靴は、日本陸軍の歩兵達の徒歩行軍を支え続けた重要な装備品です。
通常、予備も含めて2足支給されていました。






靴底は革製です。
画像の編上靴は購入後かなり使い込んでいる為、靴底も少々痛んでいます。
本来は、靴底全体に鉄製の鋲が打ち込んであり、靴底の磨り減り帽子と滑り止めを兼ねていますが、この複製品には付属していなかった為、革底のまま使用しています。






編上靴には革ベロが付いており、履き易さを考慮してあります。
このベロは巻脚絆を巻く際にも解けにくくなるので便利です。






編上靴を正面から見たところです。
実物では靴紐は断面が丸い独特の形状の物が使われていますが、本品では平紐になっています。
とりあえず、サバイバルゲーム用の実用品と割り切って、そのまま使っています。






編上靴を履いてみたところです。
靴紐は長く、ぐるりと一周させてから結びます。
この状態から巻脚絆を巻くと、格好良い日本兵の出来上がりです。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(2)装備:日本軍

2018年02月24日

廉価な軍靴 ~ アメリカ陸軍 スピードレース・コンバットブーツ (ロスコ製・複製品)







ミリタリー用品を多数販売している「ロスコ」社は、安価で軍用靴のレプリカを発売してくれており、私も愛用しています。








画像の物はアメリカ軍が1980年代から使用をはじめた「スピードレース・コンバットブーツ」のレプリカです。
ロスコ製品は、価格の違いで人造皮革製と本革製の二種類がリリースされていますが、私は価格の安いフェイクレザー製品を主に購入・使用しています。






内側を見ると素材の違いがよくわかります。
最初の内は柔らかく足にフィットしていい感じですが、だんだんと皺にそって黒革風塗装が剥離してしまうのが難点です。






実物と違い質感も耐久性もそれなりですが、なにより安いので、履きつぶすつもりで愛用しています。
実際にサバイバルゲームで使うにしても毎回同じ靴を履くわけではないので、結構もつものです。






もっとも、画像のように経年劣化でひび割れが発生してしまうと、素材がフェイクレザーだけに安っぽさが目立ってしまいます。
また、現在はこのデザインのブーツ自体が製造販売されていないようで、ウッドランド迷彩時代の米軍戦闘靴の入手も徐々に難しくなっているようです。



  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年02月17日

アメリカ陸軍 ALICE エントレンチングツール・ケース (実物放出品)







アメリカ陸軍で1980年代から使われている、エントレンチングツール(携帯ショベル)ケースです。






アメリカ陸軍では1960年代半ばに三つ折タイプの携帯ショベルが採用されましたが、当初はナイロン製のショベルカバーが使われていました。(M1967エントレンチングツール・ケース)






しかし、強度不足だったようで、1980年代にいわゆるALICE装備が採用されるに伴い、この樹脂製の新型ケースに更新されました。






ショベルケースは軟質プラスチックで一体成型してあります。






ショベルケースを樹脂で作った例は世界的にも珍しいですが、強度と使い勝手を両立させた、画期的な発想だと思います。






立体成型のため、中身が空でも形状が維持できる事もあり、中身は入手しておりません。






ピストルベルトに連結した状態です。
ナイロンやコットン製の装備品の中でひときわ目立ちます。






装備の組み付けにはスライドキーパー(通称アリスキーパー)を介して行いますが、しっかり連結でき、ショベルの重量にも充分耐えると思われます。




  

Posted by らんたろー at 10:00Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年02月10日

夏期米軍の必需品 ~ アメリカ陸軍 ブーニーハット (ロスコ製・複製品)







アメリカ軍で熱帯用装備として今も愛用されている「ブーニーハット」です。
かつては実物放出品をよく目にしたものですが、最近になって自分のサイズに合う物を探したところ、以外にも入手が困難になっていました。






そこで今回は、安価で流通しているロスコ社製の複製品を購入してみました。
ODカラーのブーニーハットは、ベトナム戦争中に急速に普及し愛用された装備品です。
ベトナム戦争当時、ジャングルファティーグと同時期に採用・支給され、好評だった事もあって、その後も時代に合わせてリーフパターン、ウッドランドパターン、デザートパターン等のバリエーションが登場しました。






当時支給されていた官給品のブーニーハットには、取り外し式の防虫ネットが同梱してありましたが、殆ど使われなかったとも聞きます。
ブーニーハットには顎紐が縫い付けられています。
コットン製の平紐を革タブで絞るシンプルな構造です。






帽子の内側にはタブが縫い付けられています。
実物を髣髴とさせるデザインですが、質感が異なる他、「made in china」の表示がされており、人目でレプリカ品と分ります。






一方、こちらはウッドランド迷彩タイプです。
かつては掃いて捨てる程流通していたウッドランド迷彩装備ですが、一部の物に関しては入手が難しくなっており、このブーニーハットも折悪しく実物が見つからず、レプリカ品を購入した次第です。






昔購入したデッドストック実物にはメッシュ素材の防虫ネットが付属していましたが、この民生品レプリカには付いていません。










実際に被ってみた状態です。
顎紐は、アメリカ海兵隊にならって、革タブで絞った上で後頭部に回しています。







ウッドランド迷彩BDUと組み合わせた状態です。
帽子に合わせて、袖はロールアップしてみました。
BDUは夏用の薄手のリップストップ生地製なので、ブーニーハットが良く似合います。




  

Posted by らんたろー at 19:02Comments(0)装備:アメリカ軍

2018年02月04日

アメリカ陸軍 ジャングルブーツ (ロスコ製・複製品)







アメリカ軍がベトナム戦争で使用していた「ジャングルブーツ」です。
画像の物はロスコ製の複製品になります。
ロスコ製品は再現性は素材はそれなりですが、値段が安いのが魅力です。






画像の物は人造皮革製の一番安価なタイプで、他に本革製タイプもありますが、どのみち実物とはちょっと印象が異なるので履きつぶすつもりで安いほうを購入しました。






靴紐はナイロン製で、現用品のようにスピードレースではありません。
実物ではこのボタンホールの革部分の断面が白っぽい色で特徴的なのですが、複製品では真っ黒です。
これは本革製でも他社製品でもそうで、実物との一番の相違点と言えそうです。






ジャングルブーツの内側です。
土踏まずの近くに水抜き孔が二箇所設けてあります。






ジャングルブーツの外側です。
コットン製のブーツ本体には、補強用のナイロンテープが斜めに縫い付けてあります。
これは最初期型には無かった部分で、戦訓に合わせて改良された部分です。






かかと部分です。
縦にナイロンテープの補強がなされています。






使用時に擦り切れそうな部分、負荷のかかる部分にはナイロン布で補強がなされているのが良く分ります。
複製品としても、よく再現されていると思います。






ゴム製のソールはジャングルブーツでは後期型にあたる「パナマソール」が再現されています。
それまでの「ピブラムソール」はグリップ力は高かったものの、泥が詰まりやすかった為、後期生産型では「パナマソール」に変更されました。
また、実物では靴底にブービートラップ対策の鉄板が内蔵されていますが、この複製品では再現されていないようです。




  

Posted by らんたろー at 10:50Comments(0)装備:アメリカ軍